文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

コラム

がん診療の誤解を解く 腫瘍内科医Dr.勝俣の視点

抗がん剤治療の第一人者、腫瘍内科医の勝俣範之さんが、何かと誤解しがちながん治療情報をやさしく解説します。

標準治療って何? ~標準治療はどうやって決まるのか?標準治療の誤解~(下)

20161213_katsumata_300-300

 「標準治療を受けるのはイヤです。最先端の治療はないんでしょうか? お金はいくらかかってもいいんです。インターネットに出ていた、最先端の免疫療法は自費診療らしいのですが、効果があるように書いてありました。早期にやったほう…

つづきを読む

標準治療って何? ~標準治療はどうやって決まるのか?標準治療の誤解~(上)

20161107_pic1

 都内のクリニックで、無許可で加工した免疫細胞を使い、治療したとして、厚生労働省が治療と細胞製造の停止を求める緊急命令を出したとニュースになりました(1)。 このクリニックでは、がんに効果が期待できる新しい治療として、重…

つづきを読む

トンデモ医療に引っかからないために(上)患者さんを利用したビジネスは「人権無視の人体実験」

katsumatakao_i

 がん患者さんにとって、10年くらい前までは、がん情報を探すのが大変でした。  逆に、現在では、洪水のように、がん情報があふれています。  どうやって正しいがん情報にアクセスしたらよいのでしょうか?  利用するがんの治療…

つづきを読む

1 / 3

katsumata

勝俣範之(かつまた・のりゆき)

 日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科教授

 1963年、山梨県生まれ。88年、富山医科薬科大卒。92年国立がんセンター中央病院内科レジデント。その後、同センター専門修練医、第一領域外来部乳腺科医員を経て、2003年同薬物療法部薬物療法室医長。04年ハーバード大学公衆衛生院留学。10年、独立行政法人国立がん研究センター中央病院 乳腺科・腫瘍内科外来医長。2011年より現職。近著に『医療否定本の?』(扶桑社)がある。専門は腫瘍内科学、婦人科がん化学療法、がん支持療法、がんサバイバーケア。がん薬物療法専門医。

コラム一覧