文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

病院の実力

検索条件

病名・テーマ
地域 未選択
病院名 未入力

該当病院292か所

痔の治療 重症なら手術

 出血あれば早めに受診を肛門やその周辺にできる「痔(じ)」は、3人に1人が悩んだことがあるとされる身近な病気だ。進行すると痛みや出血がひどくなり、生活習慣の改善や薬では治らず、手術が必要になる。肛門科や肛門外科の医師ら…

出血あれば早めに受診を

痔の治療 重症なら手術

 肛門やその周辺にできる「」は、3人に1人が悩んだことがあるとされる身近な病気だ。進行すると痛みや出血がひどくなり、生活習慣の改善や薬では治らず、手術が必要になる。肛門科や肛門外科の医師らが診療にあたる。

 読売新聞は今年1~3月、日本臨床肛門病学会の会員が所属する医療機関など計1425施設に、2021年の手術件数などを調査した。

 痔は大きく分けて、痔核(いぼ痔)▽痔ろう(あな痔)▽裂肛(切れ痔)――の3種類がある。

 最も患者が多いのが痔核だ。出産や便秘でいきみを繰り返したり、重い物を持ち肛門に大きく負担がかかったりすることが原因となる。

 直腸にできる「内痔核」、肛門にできる「外痔核」がある。手術は、内痔核が肛門の外に飛び出し、指で押しても戻らなくなり、外痔核を伴う場合に検討する。「 結紮けっさつ 切除」は、血管を縛って痔核をメスで切除する。「ALTA療法」は特殊な注射薬を使って痔核を固めて縮める。

 「併用療法」は、内痔核にALTA、外痔核に結紮切除など別の手術を組み合わせる方法だ。

 痔ろうは、直腸と肛門の境目の細菌感染がきっかけだ。炎症が広がると、 うみ がたまり、お尻に細いトンネル(管)ができる。

 発熱や激しい痛みを招き、管の出口から漏れ出る膿で下着が汚れる。ストレスや過度の飲酒による下痢で起こりやすい。根治には管を切り開くなどの手術が必要になる。

 裂肛は、肛門の皮膚が裂け、傷ができた状態だ。便秘で硬くなった便や、激しい下痢が引き起こす。手術が必要になるケースは、肛門が狭くなった場合などに限られ、痔核や痔ろうと比べると少ない。

 痔の治療では、重症になると手術が検討される。早期なら、食事や運動、排便などの生活習慣の改善や塗り薬、座薬などで手術をしなくても治療ができる。

 特に女性の場合は、恥ずかしさから受診をためらう人も多いが、出血や痛みの原因が痔だと思い込んでいても、大腸がんなど命に関わる病気が原因の可能性もある。

 近年、日帰り手術が広がっている。現役世代を中心にニーズが高いが、患者の年齢や持病、痔の病状によっては、高度な工夫が求められる。積極的に導入するかどうか、医療機関による方針の違いもある。

 日本臨床肛門病学会理事長の岩垂純一さんは「便に血が混じるなどの症状があれば、早めに受診してほしい。手術を受ける場合は、様々な治療法をバランス良く行っているかや、常勤医1人あたりの手術数を目安に選びましょう」と話している。(竹井陽平)


データの見方(2021年の治療実績)

常勤医の人数(2022年1月現在):痔の治療に携わる常勤医の人数。

痔核の手術

 結紮けっさつ 切除(件):痔核の最も代表的な手術法。痔核に血液を送る血管を縛り、痔核をメスで切り取る。手術自体は10~15分で終わる。外痔核と内痔核の両方に対応できる。
 ALTA療法(件):特殊な注射薬で、痔核を固めて小さくする。内痔核にしか使えない。
 併用療法(件):内痔核にはALTA療法を、外痔核には結紮切除などの外科手術を行う治療法。

痔ろうの根治手術(件):直腸と肛門の境目のくぼみからできたトンネルを切り開くなど根治を目的とした手術。

日帰り手術率(%):4種類の手術(結紮切除、ALTA療法、併用療法、痔ろうの根治手術)のうち、日帰りで行った割合。

つづきを読む

病院名
都道府県
市区町村
常勤医の人数(人、2022年1月現在)
痔核の手術/結紮切除(件)
痔核の手術/ALTA療法(件)
痔核の手術/併用療法(件)
痔ろうの根治手術(件)
日帰り手術率(%)
北海道消化器科病院 北海道 札幌市東区 8 4 18 1 0 0
札幌いしやま病院 北海道 札幌市中央区 6 715 245 231 656 5

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

「全体を見る」でアンケート結果を見る時、「データの見方」が付いていない場合があります。「病名・テーマ」の検索結果ページの解説記事をご参照ください。

医療大全で見る

医療大全では、病気のほか、検診・治療・付き合い方など、項目ごとに整理された記事を読むことができます。

医療大全で「痔」を見る

医療相談室で見る

「痔」に関連する相談を見る