文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

病院の実力

検索条件

病名・テーマ 大腸がん
地域 未選択
病院名 未入力

該当病院480か所

大腸がん治療 腹腔鏡が主流

 大腸は、盲腸から肛門までの長さ約1.5~2メートルの消化管だ。主に水分を吸収する。この部分にできるがんの総称が大腸がんで、肛門に近い直腸がんと、それ以外の結腸がんに分かれる。2017年に大腸がんと診断された人は約15…

 大腸は、盲腸から肛門までの長さ約1.5~2メートルの消化管だ。主に水分を吸収する。この部分にできるがんの総称が大腸がんで、肛門に近い直腸がんと、それ以外の結腸がんに分かれる。

 2017年に大腸がんと診断された人は約15万3000人で、部位別で最も多い。年間5万人程度が亡くなるが、転移がなければ5年生存率は8割を超える。

 読売新聞は20年4~7月、がん診療連携拠点病院や関連学会の認定施設など1462施設に、19年の治療実績を調査した。

一覧表には、全手術件数のほか、腹腔ふくくう鏡手術や手術支援ロボット「ダビンチ」を使った直腸手術の件数、早期がんの治療として広まっている内視鏡的粘膜下層剥離はくり術(ESD)の実施件数を示した。

 患者は、男性が女性よりやや多い傾向にあり、40歳代から増え始める。日本人は、結腸と直腸のつなぎ目に近いS状結腸と、直腸にできやすいのが特徴だ。

 治療の中心は手術で、開腹、腹腔鏡、手術支援ロボットの3種類がある。

大腸がん治療 腹腔鏡が主流

 最も多いのが腹腔鏡だ。腹部に数か所の穴を開け、カメラや切除器具などを入れる。患者の体への負担は開腹より小さい。経験を積んだ医師が行えば、治療成績は開腹とあまり変わらない。開腹は、進んだがんや、過去に腹部の手術を受けたことがある場合に行われることが多い。

 手術支援ロボットは、腹腔鏡に取り付けたカメラが映し出す大腸内の3次元画像を見ながら、医師が患者から離れた場所で鉗子かんしやメスを遠隔操作する。手ぶれ防止機能などもあり、操作に習熟すれば、細かな動きができる。18年4月から、直腸がんに公的医療保険が使えるようになった。

大腸がん治療 腹腔鏡が主流

 腹腔鏡と同様、患者の体への負担が少なく、実施施設は徐々に増えている。ただ、遠隔操作のため、患部に触れている感覚がない。慣れないと操作が難しく、経験を積んだ医師が行うことが前提だ。

 がんが粘膜や粘膜下層にとどまる早期の段階なら、内視鏡を肛門から入れて治療する方法もある。その一つのESDは、内視鏡で腸内の状態を見ながら電気メスでがんを切除する。

 帝京大下部消化管外科教授の橋口陽二郎さんは「早期に発見できれば、完治が見込める。40歳を過ぎたら2、3年に1回、大腸内視鏡検査を受けることが望ましい」と指摘する。その上で「患者の負担が少ない手術は増えているが、がんが見つかったら余裕をもって取り切るのが原則だ。再発を防ぐために最良の治療法を選んでほしい」と話す。(辻田秀樹)


「大腸がん」データの見方(2019年の治療実績)

直腸がん手術:大腸がんのうち直腸にできるがんの手術。開腹と腹腔鏡、ロボット支援手術がある。

結腸がん手術:大腸がんのうち結腸にできるがんの手術。開腹と腹腔鏡手術がある。

腹腔鏡手術:直腸がんの手術は結腸がんより技術的に難しいとされる。

ロボット支援手術:手術支援ロボットを使った手術。人の手ではできない動きも可能になる。導入する医療機関は徐々に増えている。

術前化学放射線療法:手術前に抗がん剤投与と放射線照射を行う治療。進行した直腸がんで検討する。人工肛門の装着を避けられる可能性がある。

ステント治療:がんが進行して大腸が狭くなった時、内視鏡で金属製のステントを入れて広げる治療。手術を回避できる利点がある。

ステージⅣ:肝臓や肺などにがんが転移した最も症状が進んだ段階。

ポリペクトミーと内視鏡的粘膜切除術(EMR):肛門から入れた内視鏡で行う早期がんなどの治療。ポリペクトミーはキノコのように茎のある病変、EMRは丈が低く広がる病変に行う。内視鏡の先に付けた金属製の輪を病変にかぶせて締め上げ、電流を流して切る。

ポリペクトミーとEMRのうち、腫瘍が2センチ以上:内視鏡で行う治療の中ではやや大きめのがん。難易度が高くなる。

内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD):2センチを超える大きめのがんに行う治療。内視鏡の先に付けた電気メスでがんの周囲を焼き切り、粘膜ごとはがし取る。麻酔を使うこともある。

つづきを読む

大腸がん

病院名
都道府県
市区町村
大腸がん手術合計(件)
大腸がん手術合計うち直腸がん(件)
大腸がん手術合計うち結腸がん(件)
腹腔鏡手術合計(件)
腹腔鏡手術合計うち直腸がん(件)
腹腔鏡手術合計うち結腸がん(件)
直腸がん/ロボット支援手術(件)
直腸がん/術前化学放射線療法(件)
ステント治療(件)
ステージⅣの患者数(人)
ポリペクトミーと内視鏡的粘膜切除術(EMR)の合計(件)
うち腫瘍が2センチ以上(件)
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)(件)
恵佑会札幌病院 北海道 札幌市白石区 287 86 201 239 61 178 0 0 20※ 61※ 160 57 43※
手稲渓仁会病院 北海道 札幌市手稲区 234 92 142 198 64 134 9 - 0 - 1081 54 88

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

「全体を見る」でアンケート結果を見る時、「データの見方」が付いていない場合があります。「病名・テーマ」の検索結果ページの解説記事をご参照ください。

医療大全で見る

医療大全では、病気のほか、検診・治療・付き合い方など、項目ごとに整理された記事を読むことができます。

医療大全で「大腸がん」を見る