文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

病院の実力

検索条件

病名・テーマ 狭心症
地域 未選択
病院名 未入力

該当病院520か所

心臓病治療 複数の選択肢… カテーテル 開胸より負担軽く

 心臓病は、日本人の死因としては、がんに次いで2番目に多い。2019年の死亡者は約20万8000人に上る。高齢化の進展に伴い、患者は増えている。読売新聞は20年11~12月、心臓血管外科専門医認定機構の認定修練施設など…

 心臓病は、日本人の死因としては、がんに次いで2番目に多い。2019年の死亡者は約20万8000人に上る。高齢化の進展に伴い、患者は増えている。

 読売新聞は20年11~12月、心臓血管外科専門医認定機構の認定修練施設など792医療機関に、19年に実施した心臓病の治療実績をアンケートした。

 心臓病の中で多くみられるのが、狭心症と心筋梗塞こうそく。心臓に栄養を送る冠動脈という血管が狭くなったり詰まったりして、胸の痛みや息苦しさなどの症状が出る。悪化した狭心症や心筋梗塞では、冠動脈バイパス手術と心臓カテーテル治療が治療の選択肢となる。

 冠動脈バイパス手術は、血流が悪くなった血管の迂回うかい路(バイパス)を作る手術。腕や脚など他の部位から採取した血管を冠動脈に縫い付ける。

 心臓カテーテル治療は、手首や脚の付け根からカテーテル(細い管)を挿入し、ステント(金網状の筒)などを用いて血管の狭くなった部分を広げる。胸を切開する手術に比べ、身体への負担が少ないため、選択されるケースが増えている。ただし、血管が狭くなっている場所などによっては適さない場合もある。

心臓病治療 複数の選択肢… カテーテル 開胸より負担軽く

 心臓弁膜症は、心臓内で血液の逆流を防ぐ心臓弁の開閉がうまくいかなくなる病気だ。手術で弁の働きを改善させることが多い。手術には、弁を人工物に置き換える「弁置換術」と、機能しなくなった弁を縫い合わせるなどして修復する「弁形成術」がある。

 胸部大動脈りゅうは、全身に血液を運ぶ大動脈という太い血管がこぶ状に膨らむ病気。血管が破れると命に関わるので、こぶの大きさなどによって治療が必要になる。こぶがある部分の血管を切り取って化学繊維でできた人工血管に置き換える手術と、カテーテルを使ってステントグラフトという筒状の器具を血管の内側に入れ、破裂しないように補強する治療がある。

 東邦大学医療センター大橋病院循環器内科教授の中村正人さんは「発見が早ければ、薬の服用などで長期間、安定して暮らせるケースもある。手術やカテーテル治療を検討する場合は、セカンドオピニオン(別の医師の意見)を聞いてみるのもよいでしょう」と話している。(西田真奈美)

 

 


データの見方(2019年の治療実績、単位はすべて人)

冠動脈バイパス手術:狭心症や心筋梗塞に対して行われる手術。血流が悪くなった血管の迂回路(バイパス)を作る。手術数には、心臓弁膜症や胸部大動脈瘤との同時手術は含まない。

うちオフポンプ手術:人工心肺を使わずに心臓を動かしたままで行う手術。

心臓カテーテル治療(待機):狭心症や心筋梗塞に対する治療。カテーテル(細い管)を挿入し、血液の流れが悪くなった部分にステント(金網状の筒)を入れるなどして、血管を広げる。症状の悪化に伴い実施を検討する。

心臓カテーテル治療(緊急):急性心筋梗塞、安静時にも胸の痛みなどが生じる不安定狭心症に対して、緊急的に行われるカテーテル治療。

心臓弁膜症の手術:動きが悪くなった心臓弁を切り取り、人工弁に置き換える手術と、心臓弁の形を整える手術がある。両方を合わせて集計した。手術数には冠動脈バイパス手術との同時手術を含む。

弁置換術:人工弁に置き換える手術。人工弁にはカーボンなどでできた「機械弁」と、ウシやブタの組織が使われている「生体弁」がある。

弁形成術:弁を縫い合わせるなどして形を整え、機能を改善させる手術。

 ※弁置換術と弁形成術を同時に行う場合もある。

心臓弁膜症のカテーテル治療(TAVI):カテーテルを使って人工弁を心臓内に運び、装着する。大動脈弁の機能不全に用いられる。

胸部大動脈瘤手術・治療(待機):こぶが破裂する前に行う。こぶができた血管を人工血管に置き換える手術とステントグラフト治療の両方を含めて集計した。手術数には冠動脈バイパス手術や心臓弁膜症との同時手術を含む。

うちステントグラフトによる治療:カテーテルを使い、こぶのできた血管内に、ステントグラフトという筒状の器具を入れて補強する治療。

胸部大動脈瘤手術・治療(緊急):こぶが破裂した時に行う救急治療。人工血管に置き換える手術とステントグラフト治療の両方を含めて集計した。手術数には冠動脈バイパス手術や心臓弁膜症との同時手術を含む。

うちステントグラフトによる治療:カテーテルを使い、破れた血管の内側に、ステントグラフトという筒状の器具を入れて破れをふさぐ治療。

 ※手術・治療数には、大動脈の胸部と腹部にまたがる位置にこぶができる胸腹部大動脈瘤、血管の壁に亀裂が生じる大動脈解離に対する治療も含む。

つづきを読む

心臓病

病院名
都道府県
市区町村
冠動脈バイパス手術を受けた患者数
うちオフポンプ手術を受けた患者数
カテーテル治療(待機)を受けた患者数
カテーテル治療(緊急)を受けた患者数
心臓弁膜症手術を受けた患者数
弁置換術を受けた患者数
弁形成術を受けた患者数
心臓弁膜症のカテーテル治療(TAVI)を受けた患者数
胸部大動脈瘤手術・治療(待機)を受けた患者数
うちステントグラフトによる治療を受けた患者数(待機)
胸部大動脈瘤手術・治療(緊急)を受けた患者数
うちステントグラフトによる治療を受けた患者数(緊急)
札幌心臓血管クリニック 北海道 札幌市東区 60 52 2663 181 105 67 45 91 106 24 18 0
札幌東徳洲会病院 北海道 札幌市東区 49 33 612 124 73 45 30 177 24 6 47 10

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

「全体を見る」でアンケート結果を見る時、「データの見方」が付いていない場合があります。「病名・テーマ」の検索結果ページの解説記事をご参照ください。

医療大全で見る

医療大全では、病気のほか、検診・治療・付き合い方など、項目ごとに整理された記事を読むことができます。

医療大全で「狭心症」を見る

医療相談室で見る

「狭心症」に関連する相談を見る