文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

病院の実力

検索条件

病名・テーマ 甲状腺の病気
地域 未選択
病院名 未入力

該当病院465か所

甲状腺の病気 全身に不調

 甲状腺は、のど仏のすぐ下にある臓器で、新陳代謝を調節するホルモンを作る。ホルモンの分泌が多かったり、少なかったりすると、全身にさまざまな不調を及ぼす。読売新聞は5~6月、日本甲状腺学会の認定専門医や日本内分泌外科学…

 甲状腺は、のど仏のすぐ下にある臓器で、新陳代謝を調節するホルモンを作る。ホルモンの分泌が多かったり、少なかったりすると、全身にさまざまな不調を及ぼす。

甲状腺の病気…全身に不調

 読売新聞は5~6月、日本甲状腺学会の認定専門医や日本内分泌外科学会の専門医が所属する医療機関など691施設に、甲状腺の病気の治療実績をアンケート調査した。

 甲状腺の病気では、ホルモンの分泌が過剰になる「バセドウ病」と、甲状腺に慢性的な炎症が生じ、進行するとホルモンの分泌が低下する「橋本病」が代表的だ。バセドウ病と橋本病の両方を患う人もいる。

 バセドウ病の典型的な症状は、首の腫れや眼球の突出、動悸どうき、疲労感、手の震えなど。200~400人に1人が発症し、患者の4分の3は女性だ。治療では、まずホルモンの分泌を抑える薬を服用。薬の効きが悪い場合は、甲状腺の摘出手術や、放射性ヨウ素を飲む「アイソトープ治療」を検討する。

 橋本病の主な症状は、首の腫れ、むくみ、皮膚の乾燥など。成人女性の10人に1人、成人男性の40人に1人がかかっているとされる。女性の場合、30~40歳代で発症するケースが多い。ただ、投薬治療が必要になるのは、ホルモン不足による「甲状腺機能低下症」になった人で、橋本病患者の2割程度にとどまる。低下症でなければ、経過観察をする。

 独協医大埼玉医療センター糖尿病内分泌・血液内科主任教授の橋本貢士さんは「甲状腺の病気と気づかず、治療が遅れる人もいる。動悸や倦怠けんたい感などの症状が続く場合は、検査を受けてほしい」と話す。

 甲状腺を摘出する手術は、バセドウ病や良性腫瘍、甲状腺がんに対して行われる。のど仏の下を横に数センチ切開する手術が主流だが、近年は傷が目立たない内視鏡手術を行う施設も出てきた。

 甲状腺がんの年間新規患者数は、約1万8000人で、女性が多い。進行するリスクが極めて低い場合は、手術せずに経過観察する。手術後に再発の恐れがある場合などはアイソトープ治療を行う。手術やアイソトープ治療で効果がなく、悪化した場合に分子標的薬を検討する。

 日本医大内分泌外科教授の杉谷巌さんは「甲状腺の手術を検討する際は、術前にリスクを正確に評価することが重要だ。経験豊富な専門施設を選ぶことが大切」と指摘している。

(大沢奈穂)


【データの見方】(患者数と手術件数は2020年の実績。その他は、2021年4月時点)

全新規患者数(人):バセドウ病や橋本病、甲状腺がんなど、甲状腺の病気で受診した新規患者数。検診目的で検査を受けた患者は含まない。

小児の新規患者数(人):15歳未満の小児の新規患者数。

バセドウ病:ホルモンの分泌が過剰になる病気。典型的な症状は、▽首の腫れ▽眼球の突出▽動悸、疲労感、手の震え。治療方法は、ホルモンの分泌を抑える薬を服用する。薬の効きが悪い場合は、甲状腺の摘出手術や、放射性ヨウ素を飲む「アイソトープ治療」を検討する。

橋本病:甲状腺に慢性的な炎症が生じ、進行するとホルモンが作られなくなる。主な症状は、▽首の腫れ▽むくみ、寒がり、皮膚の乾燥。橋本病の中で、ホルモン不足による「甲状腺機能低下症」の場合だけ、ホルモン薬で補充する。低下症でなければ、経過観察にとどめる。

甲状腺がん:甲状腺がんの9割は、進行が遅い「乳頭がん」と呼ばれるタイプ。その中で、進行するリスクが極めて低い場合は、手術せずに経過観察する。甲状腺がんの手術後に再発の恐れがある場合などは、アイソトープ治療を行う。手術やアイソトープ治療で効果がない場合、放射線の外照射や分子標的薬を検討する。

甲状腺の手術件数:バセドウ病や良性腫瘍、甲状腺がんに対して行われる、甲状腺の摘出手術件数。のど仏の下を横に数センチ切開する手術が主流。

甲状腺の内視鏡手術の件数:バセドウ病や良性腫瘍、甲状腺がんに対して行われる、甲状腺の摘出手術のうちの、内視鏡手術の件数。バセドウ病と良性腫瘍の内視鏡手術は2016年、甲状腺がんの内視鏡手術は2018年に、保険適用された。

アイソトープ治療(バセドウ病)(甲状腺がん)の実施(2021年4月時点):放射性ヨウ素のカプセルを飲む。甲状腺に放射性ヨウ素が取り込まれることで、甲状腺の細胞を破壊し、治療する。

甲状腺がんの放射線外照射の実施(2021年4月時点):体外から放射線を照射して、がんの縮小・根治を狙う。

甲状腺がんの分子標的薬治療の実施(2021年4月時点): 特定の分子に働きかけ、がん細胞の増殖を抑える薬で治療する。

つづきを読む

甲状腺の病気

病院名
都道府県
市区町村
全新規患者数(人)
小児の新規患者数(人)
バセドウ病の新規患者数(人)
橋本病の新規患者数(人)
甲状腺がんの新規患者数(人)
甲状腺の手術件数
甲状腺の内視鏡手術の件数
アイソトープ治療(バセドウ病)の実施
アイソトープ治療(甲状腺がん)の実施
甲状腺がんの放射線外照射の実施
甲状腺がんの分子標的薬治療の実施
さっぽろ糖尿病・甲状腺クリニック 北海道 札幌市北区 1951 0 94 588 17 0 0 実施せず 実施せず 実施せず 実施せず
さっぽろ甲状腺診療所 北海道 札幌市中央区 1672 15 318 444 116 0 0 実施 実施 実施せず 実施せず

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

「全体を見る」でアンケート結果を見る時、「データの見方」が付いていない場合があります。「病名・テーマ」の検索結果ページの解説記事をご参照ください。

医療大全で見る

医療大全では、病気のほか、検診・治療・付き合い方など、項目ごとに整理された記事を読むことができます。

医療大全で「甲状腺の病気」を見る

医療相談室で見る

「甲状腺の病気」に関連する相談を見る