文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

病院の実力

検索条件

病名・テーマ 大腸がん
地域 熊本
病院名 未入力

該当病院6か所

大腸がん ロボット手術広がる

 公的医療保険の対象に大腸は、全長1・5~2メートルに及ぶ消化管だ。盲腸を含む結腸と、肛門に続く直腸に分かれる。国立がん研究センターの推計では、2019年には国内で新たに15万人以上が大腸がんと診断された。部位別では最多…

公的医療保険の対象に

大腸がん ロボット手術広がる

 大腸は、全長1・5~2メートルに及ぶ消化管だ。盲腸を含む結腸と、肛門に続く直腸に分かれる。国立がん研究センターの推計では、2019年には国内で新たに15万人以上が大腸がんと診断された。部位別では最多だった。

 読売新聞は4~6月、がん診療連携拠点病院や関連学会認定施設など1239施設に21年の治療実績をアンケートした。

 大腸がんは、結腸と直腸の粘膜にできる。進行すると、腸の壁に深く食い込み、壁を突き破ったり、血液やリンパ液の流れに乗ったりして、全身に広がっていく。

 がんが粘膜下層のごく浅い部分にとどまり、転移の恐れがほぼない早期の段階では、肛門から入れた内視鏡で治療を行う。その一つであるESDは、内視鏡の先端から出した電気メスでがんの周囲を切開し、病変を剥がす方法だ。

 手術は、がんを含む周辺の腸管や周囲のリンパ節まで切除する。結腸がんでは、がんのある部位から約10センチの範囲の腸管を切除するのが基本となる。直腸がんでは、がんの位置が肛門に近い場合は、人工肛門(ストーマ)をつくらざるを得なくなるケースがある。

 手術の主流は 腹腔鏡ふくくうきょう だ。腹部に穴を数か所開け、内視鏡などの器具を入れて、モニター画面を見ながら操作する。開腹手術に比べて傷が小さいことから、痛みが少なく、手術後の回復も早い特徴がある。

 手術支援ロボット「ダビンチ」を使った手術も広がりを見せている。18年4月、直腸がんのロボット手術が公的医療保険の対象になった。今年4月には、結腸がんにも認められた。

 従来の腹腔鏡との違いは、ロボットに接続された器具を、医師が遠隔操作する点だ。先端が曲がる専用器具は細やかに動き、手ぶれもない。直腸がんでは、排尿や性機能に関わる神経を温存し、後遺症を減らす効果が期待されている。

 ロボットは高額で、大病院を中心に導入されてきた。医師の習熟度には差があり、開腹や腹腔鏡での手術より時間がかかるとの報告もある。長期的な安全性や有効性の検証が課題だ。

 東京医科歯科大消化管外科教授の絹笠祐介さんは「ロボット手術が定着するまでは、まだ時間がかかるだろう。開腹や腹腔鏡と、長所や短所を比較した上で、納得のいく方法を選んでほしい」と話している。(野村昌玄)


データの見方(2021年の治療実績)

直腸がん手術(件):大腸がんのうち直腸にできるがんの手術。開腹、腹腔鏡、ロボット支援手術がある。

結腸がん手術(件):大腸がんのうち結腸にできるがんの手術。開腹と腹腔鏡がある。

腹腔鏡手術(件):おなかにあけた複数の小さな穴から器具を入れて行う。先端にカメラのついた内視鏡で観察しながら、メスなどの器具を操作する。開腹手術に比べて傷が小さく、手術後の痛みも少ないことから、回復が早く入院期間も短い利点がある。

ロボット支援手術(件):手術支援ロボット「ダビンチ」を使った手術。腹腔鏡と同じ方法で行うが、執刀医が遠隔操作する。

ステント治療(件):がんが進行し、腸内が狭くなった部分を広げるために行う。肛門から入れた内視鏡を通して金属製の網状の筒を置く。手術に比べて患者の身体的な負担が少ないが、長期的な安全性について検証が進む。

ステージⅣの患者(人):肝臓や肺、腹膜など、大腸から離れた場所に転移した患者。

ポリペクトミーと内視鏡的粘膜切除術(EMR)(件):肛門から入れた内視鏡の先端から金属製の輪をかけて、高周波電流を流して切り取る。ポリペクトミーはキノコ状の茎がある病変、EMRは茎がない平べったい病変に対して行う。

ポリペクトミーとEMRのうち、腫瘍が2センチ以上(件):早期だが、やや大きめのがんに対して行う。難易度はやや高くなる。

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)(件):2センチを超える大きめの早期がんに行う。肛門から入れた内視鏡の先端の電気メスで、がんの周囲を焼き切り、粘膜と粘膜下層をはがしとる。

つづきを読む

大腸がん

病院名
都道府県
市区町村
大腸がん手術合計(件)
うち直腸がん(件)
うち結腸がん(件)
腹腔鏡手術合計(件)
うち直腸がん(件)
うち結腸がん(件)
直腸がん/ロボット支援手術(件)
ステント治療(件)
ステージⅣの患者数(人)
ポリペクトミーと内視鏡的粘膜切除術(EMR)の合計(件)
うち腫瘍が2センチ以上(件)
内視鏡的粘膜下層剥離術ESD(件)
熊本赤十字病院 熊本県 熊本市東区 195 60 135 153 50 103 36 5 46 53 13 20
済生会熊本病院 熊本県 熊本市南区 160 49 111 133 40 93 25 25 68 38 7 19

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。

「全体を見る」でアンケート結果を見る時、「データの見方」が付いていない場合があります。「病名・テーマ」の検索結果ページの解説記事をご参照ください。

医療大全で見る

医療大全では、病気のほか、検診・治療・付き合い方など、項目ごとに整理された記事を読むことができます。

医療大全で「大腸がん」を見る

医療相談室で見る

「大腸がん」に関連する相談を見る