文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

病院の実力

検索条件

病名・テーマ 自然気胸
地域 未選択
病院名 未入力

該当病院458か所

気胸 手術件数多い施設で治療を

 DPC病院調査気胸について、日産厚生会玉川病院(略称:日産玉川病院)呼吸器外科部長・気胸研究センター長の栗原正利さんにお話を聞きました。――気胸とは、どんな病気ですか。肺の一部に穴が空いて、肺を覆っている胸…

DPC病院調査

 気胸について、日産厚生会玉川病院(略称:日産玉川病院)呼吸器外科部長・気胸研究センター長の栗原正利さんにお話を聞きました。

 ―― 気胸とは、どんな病気ですか。

 肺の一部に穴が空いて、肺を覆っている胸膜(きょうまく)と、肺の外側の胸壁の間の空間・胸腔(きょうくう)に空気が漏れることがあります。空気が漏れてたまっても、胸は肋骨があるために風船のように膨らむことはできません。そのため、肺が空気に押されて小さくなります。肺から空気が漏れて、肺が縮んでしまう状態が気胸というわけです。簡単に言うと、肺がパンクしたような状態です。気胸は片側の肺で起こることが多いですが、まれに両肺同時に起こることがあります。

 気胸は、「内因性気胸」と「外因性気胸」に大別されます。内因性気胸は、外部から力が加わらないのに肺に穴が空いて起きるもので、「自然気胸」とも呼ばれます。外因性気胸は、交通事故、骨折、打撲など外部の力が加わって起きるものを指します。

 自然気胸には、肺気腫や間質性肺炎など肺の病気がもともとあり、それが原因で起こる「続発性自然気胸」と、健康な人が突然起こる原因不明の「原発性自然気胸」があります。自然気胸の多くは原発性自然気胸で、若い人に多いです。一方、続発生自然気胸は最近増えていますが、中高年に多いですね。

 原発性自然気胸で肺に穴が空く原因となるのが、肺表面にできる「ブラ(肺のう胞)」です。酸素と二酸化炭素の交換を行う肺胞の一部が壊れて融合し、風船のように膨らんで弱くなった肺組織のことです。これが破れて穴が空き、空気が漏れてしまいます。ブラができる原因は、まだ解明されていません。

患者数は増加傾向

 ―― 症状は? 患者さんは増えていますか。

 突然の胸痛と息苦しさが主な症状です。一過性のものが多く、短くて1~2分、長くても30分くらいで収まります。狭心症や心筋梗塞と間違われる人がいます。患者さんによっては、肩や背中に痛みを感じることがあり、肩こりや筋肉痛などと間違われることもあります。

 自然気胸の患者は、男性が女性の8~10倍ほど多いのが特徴です。とりわけ、背が高く、やせ型で、15~25歳の若い男性に多く、身長がぐーんと伸びる成長期には、肺が上下方向に引っ張られて、ブラができやすくなるのではないか、と考えられています。気胸が起こりやすい体質や家系もあります。

 患者数は増加傾向にあります。手術件数は年間1万2000件ほどで、年々、増えています。背景には、(1)高齢者の人口が増え、肺気腫などが原因となる続発性自然気胸が増えている(2)背が高く、やせている若者の増加で、原発性自然気胸が増えている・・・ことがあります。

 また、最近は、女性の患者さんが増えています。子宮内膜の細胞が、何らかの原因で肺や横隔膜に飛び、月経開始前後に気胸を起こす「月経随伴性気胸」があります。子宮内膜症の患者さんが増えていることもあり、この月経随伴性気胸も増えていると考えています。

 ブラが破れる時の状況を調べてみると、残業や深夜勤務などによる睡眠不足で疲れていたり、試験前や試験中だったりしていることが多いです。肉体的・精神的ストレスが気胸を引き起こしていると、私は考えています。

応急措置の「ドレナージ療法」・・・根治には手術

 ―― 診断と治療方法を教えて下さい。

 自然気胸を起こした肺は、しぼんだ状態になるため、「胸部エックス線検査」を行うと分かります。ただし、エックス線検査では、小さいブラはほとんど見えないので、「CT(コンピューター断層撮影)検査」を行います。そうすれば、ブラの位置や大きさを調べることができます。また続発性気胸ではその原因となる疾患も判りますので、重要な検査です。

 治療は、軽症の場合ならば経過観察することで、しぼんだ肺が自然に膨張することがあります。しかし、治るまでに時間がかかったり、再発を繰り返したりすることが多いので、何らかの治療を行うことが一般的です。

 一つは、胸腔内にたまった空気を吸引する「ドレナージ療法」です。胸に直径5~10ミリの穴を開け、そこにチューブを刺して空気を抜くというものです。肺が元に戻ったら、チューブを抜きます。症状はなくなりますが、ブラは残っているため再発率が高いです。この治療は、肺を膨らませるだけの応急措置と位置づけられています。

 根本的に治すには、ブラを切除し肺の穴をふさぐ手術が必要となります。手術法には、(1)胸を10センチ程度切り開く「開胸手術」(2)胸や背中に直径1センチ程度の穴を2~3か所開け、そこから内視鏡と手術器具を入れて治す「胸腔鏡下手術」があります。

 現在、ほとんどは胸腔鏡下手術で行われています。開胸手術に比べて傷痕が小さく、手術後の痛みも軽いです。手術時間は麻酔も含めて癒着がなければ2時間以内で終わります。順調に回復すれば、入院は5~7日間で済みます。



再発率高い胸腔鏡下手術・・・防止法、施設により違い

 ―― 気胸は再発しやすいと聞きました。

 はい。気胸は再発しやすい病気です。一方の気胸が治っても、反対側の肺で気胸が発症することもしばしば経験します。ブラは一か所だけでない場合もあり、手術で見逃しをしているケースもあります。

 現在多く行われている胸腔鏡下手術では再発率が高くなります。医療機関によって異なりますが、手術1年後の再発率は、5~20%になります。

 そこで、日産玉川病院気胸研究センターは、ブラを切除した肺表面に、セルロース素材の特殊なメッシュを貼る「カバーリング法」を開発しました。メッシュは約1か月で吸収されて肺表面が厚く強くなり、再びブラができても、破裂するのを防ぎます。しかも癒着が起こらない性質があります。カバーリング法を用いた胸腔鏡下手術では、手術1年後の再発率は約3%で、開胸手術の数字と変わりません。この手術は保険が効きます。当センターでは、ほぼ全例にカバーリング法を採用しています。

 医療機関により、再発を防ぐ工夫をしていたり、していなかったりと手術法に違いがあります。カバーリング法のやり方も違います。また、胸腔鏡下手術は、内視鏡カメラを通して病巣部を見ているため、切除すべきブラを見落とす可能性もあります。ブラの取り方が不十分なケースもあります。手術件数が多く、経験が豊富な専門家のいる施設で治療を受ける方が賢明だと思います。

 日産玉川病院は1986年に気胸研究センターを開設しました。世界で最も多い治療経験を持つ気胸専門の医療機関です。手術は年間300~350件行っています。

 ―― 手術後の注意点は何ですか。

 デスクワークをしている人なら、痛みがなければ退院後すぐに職場復帰することも可能です。肉体労働をされている人なら、退院後1~2週間は仕事を休むことも考えられます。再発は手術後3か月以内に起こることが多いので、それまでは注意が必要です。退院後1週間、1か月、3か月、6か月目に通院していただき、手術後の経過を判断します。

 気胸発症は、日頃の生活習慣と密接な関係があります。まず、気胸を引き起こす肺気腫を防ぐために禁煙が大切です。そのほか、慢性的な疲労は気胸発症に大きく影響します。適度な休息と十分な睡眠をとることを勧めます。気分転換に、適度な運動を行いストレス発散することも重要です。すなわち健康に対する自己管理が必要です。

日産厚生会玉川病院気胸研究センター
〒158-0095 東京都世田谷区瀬田4-8-1 (電)03-3700-1151
ホームページ:http://www.tamagawa-hosp.jp/practice/s03_pneumothorax/about/index.html
気胸・肺のう胞スタディグループ
気胸などの専門家らが病気の研究や治療法の開発などを行うためのグループ。ホームページには、病気の解説などが掲載されているので参考になる。http://lungcare.jp/foundation.html


表の見方

 入院医療費の一部を定額化して計算する方式「DPC(診断群分類包括評価)」を採用している急性期病院の一般病床が対象。大学病院や公立病院など、国内の主要な病院が含まれている。治療・手術件数は、日帰り・通院での治療は含まれず、入院での実績のみ。対象期間は2009年7月~12月の半年間。「国・」は独立行政法人国立病院機構の略。「-」は10件未満。

 手術件数は、空気が漏れているか所を自動縫合器を使ってふさぐ手術などが対象となる。胸を10センチほど切り開く開胸手術、胸腔鏡という内視鏡を使う胸腔鏡手術の両方が含まれる。

つづきを読む

気胸

病院名
都道府県
市区町村
主な手術件数
手術なしの治療件数
札幌南三条病院 北海道 札幌市中央区 59 18
函館五稜郭病院 北海道 函館市 16 13

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

「全体を見る」でアンケート結果を見る時、「データの見方」が付いていない場合があります。「病名・テーマ」の検索結果ページの解説記事をご参照ください。

医療大全で見る

医療大全では、病気のほか、検診・治療・付き合い方など、項目ごとに整理された記事を読むことができます。

医療大全で「自然気胸」を見る