文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

新刊本「子どもの病気 常識のウソ」を5人にプレゼント

book_present_1124-200

 風邪は早めの風邪薬で治す? 真夜中の突然の発熱はコワイ?……。ヨミドクターで今年6月まで1年間にわたって連載された好評のコラム「松永 正訓ただし の小児医療~常識のウソ」が、中央公論新社から中公新書ラクレ『 子どもの病気 常識のウソ 』として刊行されました。

 松永さんは小児外科医。大学病院を中心に19年間小児がんの治療を専門に行った後、「松永クリニック 小児科・小児外科」(千葉市)を開業。日本小児外科学会・会長特別表彰など受賞歴多数。『運命の子 トリソミー 短命という定めの男の子を授かった家族の物語』で2013年、第20回小学館ノンフィクション大賞を受賞しています。

 また、生まれてくる子どもに重い障害があるとわかった時、家族や医師はどう向き合うのか……。小児医療の現場で答えを探し続ける松永さんは、小さな命の重さと輝きを伝えるコラム「いのちは輝く~障害・病気と生きる子どもたち」をヨミドクターで先月から連載中で、大きな反響を呼んでいます。

 『子どもの病気 常識のウソ』は、ヨミドクターで連載された内容に加筆した小児医療の実用本。新書版で256ページ、840円(税別)。

 応募の締め切りは、11月24日(金)正午です。

 応募者多数の場合は抽選を行います。当選者の発表は本の発送をもって代えさせていただきます(ご登録の住所にお送りします)。

 このプレゼントは、どなたでも応募できます。読売ID(無料)はどなたでも取得できます。

 読売IDの取得は こちら から

応募はこちらから