文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

松山沖の海上に浮かぶ新生児、病院で死亡確認…死体遺棄事件とみて捜査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 10日午前11時頃、松山市大可賀沖の海上で、近くで釣りをしていた男性が、新生児が浮いているのを発見し、愛媛県警松山西署に通報した。同市消防局の救急隊員らが救助したが、新生児は搬送先の市内の病院で死亡が確認された。

松山沖の海上に浮かぶ新生児、病院で死亡確認…死体遺棄事件とみて捜査

愛媛県警察本部

 発表では、新生児は女児で、生後1か月未満だとみられる。同署が死体遺棄事件とみて調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事