文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

神戸徳洲会病院カテーテル、患者11人が死亡…1~7月の治療・検査150件で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 神戸徳洲会病院(神戸市)で循環器内科の男性医師が行ったカテーテル手術後に複数の患者が死亡した問題で、医師による検査や治療は今年1~7月に150件行われ、11人が死亡していたことがわかった。

神戸徳洲会病院カテーテル、患者11人が死亡…1~7月の治療・検査150件で

神戸徳洲会病院

 このうち2人について、病院はすでに国の医療事故調査制度に基づいて検証を進めている。今回新たに判明した死亡患者9人と生存している1人の計10人について、外部専門家による自主調査の対象にしていることを明らかにした。

 死亡患者9人について、病院関係者は「死亡と治療の因果関係は不明だが、亡くなった事実を重く見て調査が必要と判断した」と説明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事