文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

低体重で生まれた人、心血管疾患・高血圧・糖尿病のリスク高く…専門家「妊娠前から適切な食生活を」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 低体重で生まれた人は、標準範囲となる3キロ台で生まれた人と比べ、中高年になった時に心筋 梗塞こうそく などの心血管疾患や高血圧、糖尿病になりやすいとする大規模調査結果を、国立成育医療研究センター(東京)などの研究チームがまとめた。1・5キロ未満では心血管疾患が1・76倍、高血圧が1・29倍、糖尿病が1・53倍で、軽いほど3疾患のリスクが高まった。

低体重で生まれた人、心血管疾患・高血圧・糖尿病のリスク高く…専門家「妊娠前から適切な食生活を」

 海外では、出生時の低体重と大人になってかかる病気の関連を示す報告が出ている。チームは国内のデータで裏付けようと、2011~16年に40~74歳の約11万人が協力したアンケート結果を分析した。

 その結果、40~74歳時に3疾患になるリスクは1・5キロ未満だった人が最も高かった。1・5~2・4キロ台だった人も、心血管疾患になるリスクは1・25倍、高血圧は1・08倍、糖尿病は1・26倍と高かった。

 国内では2・5キロ未満で生まれる低出生体重児が全体の1割を占め、先進国の中で高い水準にとどまる。主な背景には若い女性のやせ志向による母体の栄養状態の悪化がある。同センター社会医学研究部の森崎菜穂部長は「妊娠前から適切な食生活を心がけてほしい。低体重で生まれた人も、生活習慣の乱れに気をつければ、リスクは抑えられる」と話している。

 福岡秀興・福島県立医科大特任教授(産婦人科学)の話「糖尿病など生活習慣病の発症に出生時の体重が影響することを示す極めて重要な成果だ。低出生体重児の割合を少なくする取り組みを社会全体で進めていく必要がある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事