文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

搬送中の救急車、道路に倒れた標識支柱に乗り上げる…別車両に乗せ替え到着が遅れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 3日午後10時55分頃、秋田市仁井田の県道で、救急搬送中だった同市消防本部城東消防署の救急車が、直前の事故で道路に倒れて散乱していた視線誘導標の鉄製支柱に乗り上げた。

搬送中の救急車、道路に倒れた標識支柱に乗り上げる…別車両に乗せ替え到着が遅れる

秋田県警察本部

 秋田中央署の発表によると、救急車は急病の60歳代男性を同市内の病院に搬送する途中だった。男性を別の救急車に乗せ替えたため到着が約10分遅れたが、容体に影響はなかったという。

 城東消防署によると、運転していたのは30歳代の男性消防副士長。現場は緩やかな左カーブで見通しが悪く、散乱していた金属片を見落としたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事