文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

埼玉・毛呂山の養鶏場で鳥インフル検出、4万5000羽の殺処分開始…今季全国3例目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 埼玉県は30日、同県毛呂山町の養鶏場で、採卵用の鶏から遺伝子検査で高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出されたと発表した。今季、養鶏場での感染の確認は佐賀県、茨城県に続いて全国3例目。埼玉県はこの養鶏場で飼育する採卵鶏約4万5000羽の殺処分を始めた。

埼玉・毛呂山の養鶏場で鳥インフル検出、4万5000羽の殺処分開始…今季全国3例目

 29日午後2時頃、養鶏場から「複数の鶏が死んでいる」と通報があり、県が13羽の簡易検査を行ったところ、11羽が陽性だった。その後の遺伝子検査の結果、30日朝に感染が確認された。

 県は同日、発生した養鶏場から半径3キロ圏内を鶏や卵の移動制限区域に、同10キロ圏内を域外への持ち出しを禁じる搬出制限区域に設定。10キロ圏内には、54か所で採卵鶏など計約10万4900羽が飼育されている。一帯には畜産関係車両の消毒ポイントも4か所設けられた。

 大野元裕知事は同日午前、農林水産省と対応を協議した後、記者団に「 蔓延まんえん 防止と風評被害の防止に努める」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事