文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.イワケンの「感染症のリアル」

医療・健康・介護のコラム

病床数は世界有数の日本 病院が統合されているのはなぜ?…「受診しやすさ」で医療を受けられなくなる恐れも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 兵庫県三田市の三田市民病院と神戸市北区の済生会兵庫県病院を再編統合する議論が話題になっています。

 今年7月の三田市長選挙で、候補者だった田村克也氏は「病院移転の白紙撤回」を公約の一つに掲げて当選しました。しかし、その後、市長は再編統合計画の再開を表明。公約を覆す結果になりました。

https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20231125-OYO1T50009/

兵庫県で加速

病床数は世界有数の日本 病院が統合されているのはなぜ?…「受診しやすさ」で医療を受けられなくなる恐れも

 ここでは、このニュース「そのもの」については扱いません。三田市民病院の再編統合問題については、三田市が「基本構想」でその根拠をデータとともにまとめています。本件に関心のある方は、これをお読みになるとよいと思います。

https://www.city.sanda.lg.jp/soshiki/5/togo/22500.html

 兵庫県では、この20年あまりの間、たくさんの医療機関の再編統合が行われてきました。2013年に三木市民病院と小野市民病院が再編されて北播磨総合医療センターになったのをはじめ、多くの統合がなされてきたのです。民間病院と県立病院の再編統合も進んでいます。例えば、22年には製鉄記念広畑病院と県立姫路循環器病センターが再編され、はりま姫路総合医療センター(略称はり姫)ができました。

かつては柏原病院の小児科閉鎖問題も

 今後、このような病院の再編統合は全国規模で進んでいくと思います。その最大の理由は「医療資源のサステナビリティー」問題です。サステナビリティー(sustainability)とは、持ちこたえる力、持続可能性のことです。

 日本では国民皆保険制度が1961年に整備され、誰でも安価に医療サービスを受けることができるようになりました。これは世界でも 稀有(けう) なシステムで、日本医療の利便性を担保しました。

 しかしながら、このような「気軽に誰でも受診できるアクセスのよい医療」制度は様々な矛盾やひずみを生むようになりました。夜間や休日でも気軽に外来受診できるのは便利ですが、当然、そのようなサービスを提供するには医療従事者を夜間休日に配置する必要があります。

 スタッフの数が少ない病院では、過剰労働や睡眠不足、過労といった問題が生じます。限界に至った部署では、医療従事者の退職や診療科の廃止という問題も生じます。兵庫県立柏原病院の小児科が閉鎖寸前になり、地域住民が「小児科を守る会」を作らねばならなくなったのは、象徴的な事例です。

「人口1000人あたり病床数13.0」の一方で

 もともと、日本は世界的にみると病院の数がとても多い国です。人口あたりの病床数も多いです。世界銀行によると、人口1000人あたりの病床数は13.0で、ドイツの8.0、フランスの5.9、米国の2.9などと比べると非常に多いのが特徴です。

 その一方で、人口1000人あたりの医師数は2.5。米国の2.6、フランスの3.3、ドイツの4.4などと比べると多くありません。おまけに、外来受診数は、経済協力開発機構(OECD)加盟国では、韓国に次いで世界第2位の多さです。

https://data.worldbank.org/indicator/SH.MED.BEDS.ZS?most_recent_value_desc=true

https://data.worldbank.org/indicator/SH.MED.PHYS.ZS?most_recent_value_desc=true

https://data.oecd.org/healthcare/doctors-consultations.htm

 要するに、日本は医療スタッフが多くない割には、病院や入院ベッド数、外来受診数が多くて、医療の人的資源にかかる負担がやたらと重いのです。

 病院の数が多ければ、病院あたりの医師数は当然減ります。ただでさえ少ないのに、さらに減ります。例えば、ある病院には心臓外科医や脳外科医が数人しかいなかったりします。心臓や脳の手術は大掛かりなものが多いですから、こうした病院で手術が立て込むと医師は全く休むことができません。

寝不足医師と酔っ払い

 病院を統合すれば、そこにスタッフを集めることができます。チームでローテーションを組むことができ、必要な睡眠や休養を確保できます。考えてもみてください。睡眠不足で疲れ切った医師に、あなたは治療してもらいたいと思うでしょうか。忙しい当直を過ごしたあとの医師のパフォーマンスは、酔っ払いのそれと変わらないという研究もあります。

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/201473

 日本は長い間、安価で受診しやすい医療を売りにしてきました。しかしその反面、上述のように医療の質の部分は犠牲にしてきたように思います。たしかに、病気になればいつでもどこでも受診できるのですが、その医師は寝不足だったり、疲れていたり、あるいは勉強不足だったりして、十分な質の高い医療を提供できていなかったかもしれません。かつて疲れて寝不足で勉強不足な研修医だった僕は、そのことを我が事として反省を込めて思い出しています。

ない袖は振れない

 日本では、多くの医師は適切な感染対策や感染症診療のトレーニングを受けておらず、新型コロナ問題でも多くの医療機関はコロナ診療を提供できませんでした。病院の数は世界有数なのに、パンデミックのときにそれを活用できなかったのです。

 医師が長時間労働を我慢して患者に尽くす医療提供モデルは、自殺者や過労死が発生している以上、許容することはできないでしょう。また、そのような医療体制を許容していたら、医療従事者は疲れ切ってしまい、医療現場から立ち去っていくことでしょう。これが「医療崩壊」で、医療者がいなくなってしまえば、医療サービスもなくなってしまうのです。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20231002-OYTET50025/

 確かに、近くに病院があれば住民としては安心でしょう。便利でもあるでしょう。しかし、ない袖は振れません。

 日本ではこれまで、医療のシステムを整備していた関係者たちは、医療資源、とりわけ人的資源は打ち出の小づちのように振ればジャンジャン、無尽蔵に出てくるものだと思っていたふしがあります。

医療資源は有限

 「人命を預かる医師なんだから全身全霊、身を粉にして患者に尽くせ。自分の健康や家族のことなど顧みるな」というわけです。白状すると、僕も若い頃は「医師たるもの、身を粉にして」的な考え方をしていましたが、現在では猛省しています。そして、このようなライフスタイルに同意する若手医師は少数派でしょう。

 医療資源、とりわけ人的資源は有限です。有効活用し、サステナビリティーを確保しなければ消えてなくなってしまいます。それで困るのは住民です。医療関係者だけでなく、皆で医療資源の維持には何が必要かを考えなければならない時代なのです。(岩田健太郎 感染症内科医)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

iwaken_500

岩田健太郎(いわた・けんたろう)

神戸大学教授

1971年島根県生まれ。島根医科大学卒業。内科、感染症、漢方など国内外の専門医資格を持つ。ロンドン大学修士(感染症学)、博士(医学)。沖縄県立中部病院、ニューヨーク市セントルークス・ルーズベルト病院、同市ベスイスラエル・メディカルセンター、北京インターナショナルSOSクリニック、亀田総合病院(千葉県)を経て、2008年から現職。一般向け著書に「医学部に行きたいあなた、医学生のあなた、そしてその親が読むべき勉強の方法」(中外医学社)「感染症医が教える性の話」(ちくまプリマー新書)「ワクチンは怖くない」(光文社)「99.9%が誤用の抗生物質」(光文社新書)「食べ物のことはからだに訊け!」(ちくま新書)など。日本ソムリエ協会認定シニアワインエキスパートでもある。

Dr.イワケンの「感染症のリアル」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事