文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

茨城県のりんご園で試食した12人が食中毒、O157原因…6歳男児と70代女性がICUで治療中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 茨城県は29日、大子町の「豊田りんご園」で試食用に提供されたリンゴを食べた県内外の3~80歳代の男女計12人が腹痛や下痢などの症状を訴え、腸管出血性大腸菌 オー 157が原因の食中毒と断定したと発表した。県内の3人が入院中で、6歳男児と70歳代女性が集中治療室(ICU)で治療を受けている。

茨城県のりんご園で試食した12人が食中毒、O157原因…6歳男児と70代女性がICUで治療中

 発表によると、12人は5日に同園を訪れ、従業員がカッターで切ったリンゴを食べた。提供される過程で汚染された可能性があるという。

 保健所は15日、同園に対し、試食の停止や施設の消毒の徹底といった行政指導を行った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事