文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「プール熱」とは呼ばないで…水泳3団体が厚労省に要望「プールは感染経路の一つ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 この秋に感染が拡大している咽頭結膜熱の通称「プール熱」について、日本水泳連盟など水泳に関する3団体が28日、使用しないよう求める要望書を厚生労働省に提出した。

 咽頭結膜熱は、アデノウイルスによる感染症で、発熱やのどの痛み、目の充血などの症状が出る。 飛沫ひまつ や接触でうつる。厚労省のホームページでは「プールでの接触やタオルの共用により感染することもあるので、プール熱と呼ばれることもあります」と説明している。

「プール熱」とは呼ばないで…水泳3団体が厚労省に要望「プールは感染経路の一つ」

厚生労働省

 要望書では、プールは感染経路の一つにとどまり、「感染の可能性は生活圏全体にある」と指摘。別の通称として、「アデノウイルス感染症」や「アデノウイルス熱(アデノ熱)」の使用を提案している。

 要望を受けて、厚労省はホームページの表現変更を検討している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事