文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

日本生命、介護最大手ニチイHDを2100億円で買収へ…生保事業との相乗効果見込む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日本生命保険が介護事業に参入することが28日、わかった。最大手のニチイ学館を傘下に持つニチイホールディングス(HD)を買収する。米ファンドが保有するニチイ株を約2100億円で取得することで合意した。高齢化で市場が拡大する介護事業を新たな収益源に育て、生保事業との相乗効果も見込む。

日本生命、介護最大手ニチイHDを2100億円で買収へ…生保事業との相乗効果見込む

日本生命

 日本生命とニチイは1999年、子育てや介護を主体とする「ライフケア」分野で業務提携を結び、関係を深めてきた。ニチイ側が日本生命の保険契約者向けに介護に関する相談を受けるサービスなどを展開している。日本生命が策定中の中期経営計画では、この分野を強化する考えで、買収は柱の一つとなる。

 日本生命は、買収を通じて人材や資金面で支援を図り、収益力を底上げする。ニチイが保有する顧客基盤は生保事業にも活用できるとみており、相乗効果を期待する。

 少子高齢化を背景に、生保業界は市場の縮小が懸念される。営業職員が主力となる保険の販売は、コロナ禍後も十分に回復しておらず、日本生命は、親和性の高い領域で成長できる事業を探していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事