文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

海外の臓器あっせん、実刑判決のNPO理事長は即日控訴…裁判長「移植機会の公平性損なわれた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 海外での臓器移植を無許可であっせんしたとして、臓器移植法違反に問われたNPO法人「難病患者支援の会」(東京)の理事長・菊池 仁達ひろみち 被告(63)に対し、東京地裁は28日、懲役8月(求刑・懲役1年、罰金100万円)の実刑判決を言い渡した。NPOは求刑通り罰金100万円とした。馬場嘉郎裁判長は「被告の行為により、移植を受ける機会の公平性が大きく損なわれた」と述べた。

海外の臓器あっせん、実刑判決のNPO理事長は即日控訴…裁判長「移植機会の公平性損なわれた」

菊池仁達被告

 1997年の同法施行以降、海外移植のあっせんについて司法判断が示されたのは初めて。無罪を主張していた菊池被告側は判決を不服として、即日控訴した。

 判決によると、菊池被告は2021年1月~昨年7月、厚生労働相から臓器あっせん業の許可を得ずに、肝硬変の40歳代男性と腎不全の50歳代男性にベラルーシでの移植を勧誘。移植費用などとして計5150万円をNPOの口座に振り込ませ、同国の病院で移植手術を受けさせた。40歳代男性は移植手術の約9か月後に死亡した。

 判決は海外での移植でも、あっせん行為の一部を日本国内で行うなら、厚労相の許可を受ける必要があると指摘。「菊池被告が違法性を認識する可能性は十分にあり、責任は軽くない」と述べ、実刑とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事