文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

初の純国産新型コロナワクチン了承…第一三共「XBB」系統対応、来月から接種へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省の専門家部会は27日、第一三共が開発した、新型コロナウイルスのオミクロン株「XBB」系統に対応したワクチンについて、製造販売の承認を了承した。厚労省は計140万回分の購入契約を結んでおり、正式承認を経て、12月4日の週から自治体に供給される。国内企業が開発した純国産の新型コロナワクチンが、初めて接種で使用される見通しだ。

初の純国産新型コロナワクチン了承…第一三共「XBB」系統対応、来月から接種へ

第一三共

 ワクチンは、米ファイザー製や米モデルナ製と同様に遺伝物質「メッセンジャーRNA(mRNA)」を使ったタイプ。12歳以上の追加接種が対象となる。

 Meiji Seikaファルマが申請していたmRNAワクチンに独自の改良を加えた「レプリコン(自己増殖型)」と呼ばれるタイプのワクチンも了承された。初期に流行した「従来株」に対応したもので、同社は供給を予定していない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事