文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

中国で呼吸器疾患急増、小児科に患者殺到し診察8時間待ちも…「ゼロコロナ政策」で免疫力低下が一因か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【瀋陽=出水翔太朗】中国で子どもを中心に呼吸器疾患が急増している。世界保健機関(WHO)や中国メディアによると北京や上海、遼寧省、広東省、福建省などで流行し、病院に患者が押し寄せている。

中国で呼吸器疾患急増、小児科に患者殺到し診察8時間待ちも…「ゼロコロナ政策」で免疫力低下が一因か

WHOのシンボルマーク=AP

 中国保健当局によると高熱やせきが出るマイコプラズマ肺炎が5月から流行。10月にはインフルエンザやアデノウイルスの感染拡大も始まったという。「ゼロコロナ政策」で人々の免疫力が低下したことが感染拡大の一因とみられるという。

 遼寧省瀋陽の小児科には25日、患者と家族ら200人以上が押し寄せた。処置室が足りず、受付や廊下は、せきこみながら点滴を受ける子どもたちであふれた。青白い表情をした男児を抱え、母親が「早く私の子どもを診て」と泣き叫びながら駆け込む姿もみられた。北京では診察まで8時間待ったケースもあった。

 中国政府は24日、「春にかけてインフルエンザや複数の呼吸器疾患が流行する可能性がある」として各省に治療薬の生産強化などを求める通知を出した。国家衛生健康委員会も26日の記者会見で、診療所を増やしたり、診療時間を延長したりする必要があるとの認識を示した。

 ただ、北京市当局は、薬で治療でき、子どもでも10日ほどで回復するケースが多いとして「マイコプラズマ肺炎が来ても慌てるな」とホームページで呼びかけ、冷静な対応を求めている。

 「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や新型コロナはいずれも中国で確認された後、世界に広がった経緯もあり、国際社会は状況を注視している。武見厚生労働相は24日の記者会見で、外交ルートを通じて中国に情報提供を求めたと明らかにした。WHOは、既知の感染症であるとして現時点では「中国への渡航や貿易の制限は不要」との立場だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事