文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

三井住友FGの太田純社長が膵臓がんで死去、65歳…顧客基盤の強化進める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)社長の太田純(おおた・じゅん)氏が25日、 膵臓すいぞう がんで死去した。65歳だった。三井住友FGが27日、発表した。告別式は近親者で行い、後日、お別れの会を開く。弔問、香典、供花、供物は辞退している。喪主は妻・美由紀さん。

三井住友FGの太田純社長が膵臓がんで死去、65歳…顧客基盤の強化進める

三井住友フィナンシャルグループ社長の太田純氏

 太田氏は京都府出身で、1982年に京大法学部を卒業し、住友銀行(現三井住友銀行)に入行。三井住友FG副社長を経て、2019年4月、社長に就任した。

 就任後は、スマートフォンのアプリで、口座管理やクレジットカードなどの金融取引を一体化したサービス「オリーブ」を手がけ、顧客基盤の強化を進めた。米証券会社、ジェフリーズへの出資を始め、海外事業の拡大にも力を入れた。

 当面の間、中島 とおる 副社長が社長を代行し、近日中に後任を選定する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事