文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「死んでいる鶏が増えている」と通報、茨城県笠間市で鳥インフルか…確定なら全国の養鶏場で今季2例目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 茨城県は26日、同県笠間市の養鶏場で、高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いのある鶏が見つかり、簡易検査で陽性が判明したと発表した。遺伝子検査で感染が確認されれば、全国の養鶏場では今季2例目となる見込み。

「死んでいる鶏が増えている」と通報、茨城県笠間市で鳥インフルか…確定なら全国の養鶏場で今季2例目

 県によると、この養鶏場では採卵鶏約7万2000羽を飼育している。同日午前11時頃、養鶏場の管理者から「死んでいる鶏が増えている」と通報があり、県が13羽を簡易検査したところ、11羽が陽性だった。

 遺伝子検査の結果は27日朝に判明する見通し。感染が確定すれば、県は国と協議し、同養鶏場で飼育中の全ての鶏を殺処分する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事