文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

佐賀・鹿島市の鳥インフル、県が採卵鶏4万羽の殺処分を完了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 佐賀県鹿島市の養鶏場の死んでいた鶏から高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県は26日、この養鶏場で飼育する採卵鶏約4万羽全ての殺処分を完了した。

佐賀・鹿島市の鳥インフル、県が採卵鶏4万羽の殺処分を完了

佐賀県庁

 24日に養鶏農家から通報があり、国が25日朝、遺伝子検査を基に陽性と判断。県が同日午前9時から殺処分を始め、26日午後2時50分までに終えた。今後、殺処分した鶏を密閉容器に封入し、鶏舎の消毒など防疫措置を進める。

 県によると、県内のほかの養鶏場や、25日に簡易検査で陽性確認された死んだカラス1羽以外の野鳥に異変は確認されていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事