文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

佐賀・鹿島市で鳥インフル、採卵鶏4万羽処分へ…全国の養鶏場で今季初めて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 佐賀県は25日、同県鹿島市の養鶏場で複数の鶏が死んでいるのが見つかり、遺伝子検査で高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出されたと発表した。今季、養鶏場で感染が確認されたのは全国で初。同県はこの養鶏場で飼育する採卵鶏約4万羽全ての殺処分を始めた。

佐賀・鹿島市で鳥インフル、採卵鶏4万羽処分へ…全国の養鶏場で今季初めて

 24日午後、養鶏場が県に通報した。県の簡易検査で13羽中5羽の陽性を確認し、国が25日朝、遺伝子検査の結果を基に陽性と判断した。

 県は、発生した養鶏場から3キロ圏内で鶏や卵の移動、同10キロ圏内では域外への搬出を制限する。10キロ圏内では12養鶏場で約25万5000羽が飼育されている。

 政府は25日午前、首相官邸内の危機管理センターに情報連絡室を設置した。午後には松野官房長官や宮下農相らが出席して関係閣僚会議を開き、対応を協議する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事