文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

伊集院静さん死去、73歳…「大人の流儀」「ギンギラギンにさりげなく」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「受け月」「機関車先生」など人間味を深く感じさせる小説のほか、エッセー、作詞など多彩な分野で活躍した作家の伊集院静(いじゅういん・しずか、本名・西山忠来=にしやま・ただき)さんが24日、肝内胆管がんで死去した。73歳だった。10月に病気を公表し、執筆を休止していた。告別式は近親者で行う。

伊集院静さん死去、73歳…「大人の流儀」「ギンギラギンにさりげなく」

伊集院静氏(2020年)

 山口県防府市生まれ。野球に熱中し、県立防府高を経て立教大に進んだ。大学時代に野球をやめ、卒業後、広告会社に勤務。テレビCMの企画などを手掛けた。伊達歩の名で作詞家としても活躍し、近藤真彦さんが歌った「ギンギラギンにさりげなく」「愚か者」は、ヒット曲となった。

 作家としては1992年に社会人チームを率いる老監督など野球と人をめぐる連作短編集「受け月」で直木賞、94年に「機関車先生」で柴田錬三郎賞を受賞。瀬戸内海に面した故郷の町を舞台にした叙情性豊かな自伝的長編「海峡」3部作を発表した。

 2002年、「ごろごろ」で吉川英治文学賞。16年に紫綬褒章を受けた。大人の生き方をつづるエッセー「大人の流儀」シリーズは、ベストセラーになった。

 妻だった女優の夏目雅子さんが1985年に亡くなった後、女優の篠ひろ子さん(75)と結婚していた。

 近藤さんは「人生の節目節目に必ずいてくれた頼もしい兄貴でした。最後にもう一杯一緒にお酒を飲みたかった」と、コメントを寄せた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事