文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

コロナワクチン接種、原則自己負担に…高齢者は無料か低額 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 2024年度からの新型コロナウイルスのワクチン接種について、厚生労働省は22日、65歳以上の高齢者などに限定し、公費助成で無料または低額で受けられる「定期接種」に位置づけることを決めた。それ以外の人は「任意接種」となり、原則自己負担となる。費用はインフルエンザワクチンと比べ高額になることが見込まれるため、負担軽減策を求める声も上がっている。

コロナワクチン接種、原則自己負担に…高齢者は無料か低額 

厚生労働省

 定期接種化は同日開かれた厚労省の専門家分科会で了承された。新型コロナワクチンは現在、予防接種法上の「臨時接種」で、費用の全額を国費で負担し、全世代が無料で受けられる。

 24年4月からは、高齢者と、重度の基礎疾患を持つ60~64歳の人を対象に「定期接種」に位置づける。高齢者向けのインフルエンザワクチンと同じ「B類」とし、一部自己負担が生じる場合がある。接種は年1回、秋冬に実施する。使用するワクチンは当面の間、毎年見直していく。

 この日の分科会では、委員から「自己負担が高額にならないよう対策を検討してほしい」「地域ごとに差が大きく、不公平感が出ないようにすべきだ」などの意見が出された。厚労省は今後、対応を検討する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事