文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

わたしのビタミン

医療・健康・介護のコラム

緑内障で23歳の時に視力失う それでも「意味があった」と思える時は…働く障害者が強みになる社会を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

障害者の就職を支援する元パラリンピック選手…初瀬勇輔さん(43)

働く障害者 強みになる社会を

 障害者の就労を支援する会社を経営しています。障害者本人から持っている能力を聞き取り、人材を求める企業に紹介するサービスです。活躍の場を求める人々と企業をつなぎ、多様性豊かな社会の実現につなげたいと思っています。

 大学進学を目指して浪人した19歳の時、右目の緑内障が判明しました。左目は見えていたのでそれほどショックはありませんでしたが、大学2年生だった23歳の時、左目も緑内障を発症しました。手術後、眼帯を取ると視界の中央部分が白くぼやけて文字が読めなくなっていました。入院先の病院に見舞いに来た友人の顔も判別できず、食事もうまく取れません。

 大学入学まで3年浪人しているので、高校時代の同級生たちは社会に出始めるような時期です。どんどん置いて行かれる中で目まで悪くなり、どんな人生を歩めばよいかわからず、絶望的な気持ちになりました。その時、心配した友人たちが、障害者手帳の取得や大学への通学といった日常生活をサポートしてくれました。

 約1年半後には、周囲の勧めで視覚障害者柔道の大会に出ることにしました。中学・高校時代に部活動で柔道に打ち込んでいた経験が生き、この大会で優勝したことが大きかった。仲間ができ、打ち込むものを見つけたことで、2008年の北京パラリンピックに出場できました。開会式で大きな拍手に包まれた時、自分を誇りに思いました。その後も競技を続け、10年のアジアパラ競技大会では優勝しています。東京パラリンピックを前に引退し、選手をサポートする側に回りました。

 一方で、06年初め、就職活動では障害者となった厳しい現実が突きつけられました。100社以上に応募しましたが、面接までこぎつけたのはたったの2社。障害者雇用枠での入社を目指していましたが、その難しさに驚きました。

 翌年、人材派遣会社の特例子会社に入ることができましたが、そこでは障害の種類や重さが様々な100人以上の人々が働いていました。間近で仕事ぶりを見ると、得意分野がよくわかります。手すりを設置したり、受け入れ先で社員研修をしたりするなど必要な配慮があれば、活躍できる障害者は多いと実感しました。

 こうした障害者が就職活動で抱えるハンデを取り払いたいという思いから独立し、活躍する場の創出を目指す会社「ユニバーサルスタイル」を設立しました。

 就職希望者への聞き取りの際、「私も障害があるので色々教えてください」と言うと、相手も胸襟を開きやすくなるようです。年間20~30件ほどの雇用につなげていますが、その後に就職先で活躍していると聞くと、「自分が目が悪くなったことにも意味があったのでは」と思い、うれしくなります。

 今はパラリンピックを目指す選手たちの就職も手伝っています。彼らがメダルを取ったり、出場したりすると会社も喜んでいるし、良かったなと思います。

 「人材が不足している」と言われますが、眠っている人的資源はまだまだ多い。障害者がいることが会社の強みになっていく社会を目指して、前進を続けたいと思っています。(聞き手・長原和磨)

はつせ・ゆうすけ 1980年長崎県佐世保市生まれ。2008年北京パラリンピック柔道視覚障害男子90キロ級日本代表。11年にユニバーサルスタイルを設立し、障害者の就職や社会進出を支援する。23年7月から日本視覚障害者柔道連盟副会長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

watashinovitamin_300-300

わたしのビタミン

 「わたしのビタミン」では、社会保障に関わる人が大切にしている思いや経験を語ってもらいます。その人を力づけ、周りにも元気を与える。そんなビタミンのような話を聞いていきます。

わたしのビタミンの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事