文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

妊婦からうつる「先天梅毒」過去最多の年間34人、大人の感染増加が影響か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 梅毒に感染した妊婦から胎児にうつる「先天梅毒」と診断された赤ちゃんが、今年初めから今月5日までに34人(速報値)になったことが国立感染症研究所(感染研)の調査でわかった。現在の調査方法となった1999年以降で、年間最多を更新した。大人の梅毒患者が増加している影響とみられる。

 梅毒は、主に性的接触で感染する。性器や口にしこりができ、全身に発疹が出る。妊婦が感染している場合、胎児にうつり、難聴や知的障害などを持つ赤ちゃんが生まれる恐れがある。流産や死産に至る例もある。

妊婦からうつる「先天梅毒」過去最多の年間34人、大人の感染増加が影響か

 感染研の感染症発生動向調査によると、先天梅毒と診断された赤ちゃんの数は、2022年までの5年間は、年20人前後で推移していた。今年は、これまで最多だった19年の23人を大きく上回っている。一方、梅毒全体の患者数は今月5日までに1万2679人(速報値)となり、過去最多だった昨年の1万3228人(同)に迫る勢いだ。

 妊娠初期の健診では、梅毒の検査がある。感染が判明すれば抗菌薬で治療できるが、胎児への感染を完全に防げるわけではない。日本大学医学部の川名敬教授(産婦人科)は「子どもを望む人で梅毒が疑われる症状がある場合は、検査を受け、必要に応じ治療を受けてほしい」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事