文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

赤平大「発達障害と高IQのリアルな子育て」

医療・健康・介護のコラム

発達障害の薬の副作用でやせ細った息子 食事量を増やし、成長を促すには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
発達障害の薬の副作用でやせ細った息子 食事量を増やし、成長を促すには?

 小学校入学後に発達障害(ADHD)の息子の問題行動が顕在化し、それを抑制するために服用したコンサータやインチュニブなどの薬は、ある程度の効果がありました。しかし、副作用である「食欲減退」の影響で、本来はたくさん食べるタイプだったのに、みるみる食が細くなってしまい、やせていきました。

  前回のコラム で詳しく書きましたが、薬を飲むのは「二次障害の予防」のためです。ところが「体の成長の鈍化」とトレードオフの関係となってしまい、今でも苦悩しています。

 今回お伝えしたいのは、発達障害と食事の関係です。「食欲減退」の副作用の中、どうすれば食事量を増加させ、体の成長を促せるのか? また、食事による発達障害の改善は可能なのか?

 息子はまだ中学生なので効果の検証はできませんが、専門家のアドバイスをもとに私がこれまでに実践したことを書きます。

 食事量を増やすために、まずは課題を切り分けました。すると、大きく三つの点が浮かび上がりました。

1.苦手な食材があると残してしまう。

2.食べている最中に別のことに意識を奪われてしまい、食事が進まない。

3.食べる速度が遅く、食事時間内に食べきれない。

「好き嫌い」は気にせず、量を優先

1.「苦手な食材があると残してしまう」

 これは誰でも同様ですので、「好き嫌いしないで食べなさい」「大人になれば食べられるようになる」というアプローチが一般的だと思います。しかし、発達障害の「感覚過敏」がある場合、一筋縄ではいきません。味や食感による苦手意識が強い場合、無理に食べさせると吐いてしまうこともあります。さらに、フラッシュバックや強すぎる想像力の特性があると、苦手食材へのマイナスイメージが増強され、一層食べられなくなります。

 医師に相談したところ、「まずは、好きな食べ物で量を食べる習慣を胃袋につけたほうがよい」とアドバイスをもらいました。以来、「好き嫌いしないで食べなさい」は言わないようにしました。いつかは苦手なナスも食べてほしいのですが、成長期の今は、食事量の増加による体の成長を優先しています。

食事中、気が散るものは排除

2.「食べている最中に別のことに意識を奪われてしまい、食事が進まない」

 これは発達障害(ADHD)が影響するので、基本的な環境調整を応用して対策しています。例えば食事中、テレビや動画、音楽などは消しています。食卓の上も、おもちゃや本など、息子が気持ちを向けそうなものは排除します。できる限り、料理だけが視界に入るよう調整しています。

 また、息子は発達性協調運動障害の影響で箸使いが苦手で、食べこぼしが多いと以前のコラムでも書きましたが、注意欠陥から「別のことに意識が奪われる」ために手元がおろそかになって「食べこぼす」ケースもあります。すると親としては「落としたら拾いなさい」「汚れた床やテーブルを拭きなさい」と言ってしまい、その結果、息子は不機嫌になって食事が滞るケースもありました。

 こうした状態を私は「息子の特性による食事の遅れ」ではなく、「親の不適切なサポートによる食事の遅れ」と考え、自分のサポート方法に改善が必要と考えました。

 使用したのは「トレイ(お盆)」と「ウェットティッシュ」と「スプーン・フォーク」です。食事をテーブルに並べるのではなく、「トレイ」に載せて提供し、「トレイの中ならこぼしてもいいよ」と息子に伝えました。こうすれば、こぼすことへの親のイライラが減り、こぼしたとしても汚れるのはトレイの中でだけで済みます。

 それでもテーブルまで汚したり、汚れた手であちこち触って汚れが拡散されたりすることを防ぐために、格安の「ウェットティッシュ」を大量購入して使用しています。ぬれ布巾や乾いたティッシュよりも拭き取る効率がよく、後処理の手間も減り、床を汚した時にも使用できるので、ウェットティッシュが最も「コスパ」「タイパ(タイムパフォーマンスの略)」の点で優れていると感じています。

 「スプーン・フォーク」は次の項目でご説明します。

常にスプーンやフォークも置く 料理は一口サイズに

3.「食べる速度が遅く、食事時間内に食べ切れない」

 上述の2以外で食べる速度に影響するのが「食具」と「料理の大きさと食感」と感じていました。

 トレイに食具として、箸のほかに、「スプーン・フォーク」を常に置き、自分で選んで使用させるようにしました。箸が苦手だから親が「フォークを使いなさい」とするより、息子本人の自主自立と「自分で選んでいる」という感覚を養いたかったという意図があります。

 「料理の大きさ、食感」は、インクルボックスでインタビューした料理研究家のあまこようこさんからヒントをいただきました。あまこさんには感覚過敏のお子さんがおり、食事を食べさせることに料理のプロとして立ち向かっていらっしゃいます。

 あまこさんの「料理の大きさは一口サイズにする。ただ、かむ力をつけさせたいので成長に合わせて少しずつ大きくしていく」というお話を参考に、私は息子の食事は「一口で食べられるサイズ」にそろえています。

 また、あまこさんは「私の息子はパサパサな食感が苦手なので、目の前でスープをかけてシャバシャバにして食べさせている」とありました。私の息子は軟らかい食感が苦手なので、野菜は少し芯が残るように加熱したり、ご飯もやや硬めの炊飯時間にしたりしています。

 これらの工夫で、口に入れて飲み込む過程を効率化し、食事時間を短縮するようにしています。

発達障害の薬の副作用でやせ細った息子 食事量を増やし、成長を促すには?

インクルボックス(※1)より。料理研究家あまこようこさんにインタビュー

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

akahira-masaru_prof

赤平 大(あかひら・まさる)

 元テレビ東京アナウンサー。現在はフリーアナとしてWOWOW「エキサイトマッチ」「ラグビーシックスネーションズ」、ジェイ・スポーツ「フィギュアスケート」など実況、ナレーターとしてNHK BS「ザ少年倶楽部プレミアム」など担当。

 2015年から千代田区立麹町中学校でアドバイザーとして学校改革をサポート。2022年から横浜創英中学・高等学校でサイエンスコース講師を担当。発達障害学習支援シニアサポーター、発達障害コミュニケーション指導者などの資格を持つ。早稲田大学ビジネススクール(MBA)2017年卒優秀修了生。

 発達障害と高IQの息子の子育てをきっかけに発達障害動画メディア「インクルボックス」運営。

赤平大「発達障害と高IQのリアルな子育て」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事