文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.夏秋の毒虫クリニック

医療・健康・介護のコラム

毒虫先生の「虫刺されバイブル」10年ぶりに改訂…ヒアリなど100種超を追加、スマホで動画も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「毒虫先生」の愛称でおなじみの兵庫医科大学教授の夏秋優さんの著書「Dr.夏秋の臨床図鑑 虫と皮膚炎」が初版から10年ぶりにリニューアルされ、改訂第2版として、Gakken(東京)から出版されました。ケムシやダニ、毒グモなど、皮膚炎を引き起こす虫の生態から、刺された場合の症状や治療・予防法まで、豊富な写真とともに解説し、「皮膚科医必携の一冊」「虫刺されバイブル」となっています。(読売新聞メディア局 飯田祐子)

◆太ももは、毒虫たちの「皮膚レストラン」…50種類以上の虫に刺されながら、研究を深めたスペシャリスト

自ら刺されて研究

毒虫先生の「虫刺されバイブル」10年ぶりに改訂…ヒアリなど100種超を追加、スマホで動画も

 夏秋さんは、虫に詳しい皮膚科医として知られています。「ヨミドクター」では、コラム「Dr.夏秋の毒虫クリニック」を連載中。これまでにマダニやチャドクガ、ブユなど、皮膚症状を引き起こす毒虫を取り上げてきました。近年は、メディアでスズメバチやトコジラミなどの被害が報じられる際に解説を求められることも。毒虫への愛がにじむコメントをテレビやネットで見聞きした人も多いのではないでしょうか。

 自身の太ももなどに毒虫をとまらせ、血を吸う様子や刺された後の皮膚の変化などを観察し、患部にメスを入れて組織を採取して調べることもあるという、独特すぎる研究スタイルでも有名です。これまで研究のために刺された毒虫は、50種を超えるそうです。 

幅広い層に浸透

 文字通り「身を削って」積み重ねてきた研究の集大成として、2013年に「虫と皮膚炎」が出版されました。担当編集者によると、コンパクトさを重視して比較的身近な毒虫に絞り、AB判199ページにまとめたといいます。

毒虫先生の「虫刺されバイブル」10年ぶりに改訂…ヒアリなど100種超を追加、スマホで動画も

ヒトの耳に食いついて血を吸うシュルツェマダニ(夏秋 優:Dr.夏秋の臨床図鑑 虫と皮膚炎 改訂第2版,Gakken,2023.p.151より転載)

 皮膚科医だけでなく、小児科医や救急医、一般の開業医の間で「患者への説明によい」とジワジワと広まり、幼稚園・保育園や学校の保健室、介護施設に置かれることも。害虫駆除や農業・園芸に携わる人、アウトドア活動を楽しむ人にも活用されています。

 虫好きのお子さんへのプレゼントなど、「観賞用」として購入されることも多いとか。私自身は虫マニアではないものの、「眺めるだけで楽しい」というのは、よくわかります。血を吸って膨れあがったマダニや葉っぱに群がるケムシなど、虫が苦手な人なら卒倒しかねない写真が満載なのですが、これが心の底の「怖い物見たさ」をそそるのです。それぞれの虫とその毒に関する記述も、思わず「へぇ」と言いたくなるうんちくが盛りだくさん。知的好奇心のツボをグイグイと押してきます。

 さまざまな人に愛読されるロングセラーとなり、累計1万8000部を発行しています。1万円を超える高額な医学専門書としては、異例の売れ行きだそうです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

natsuaki-masaru_prof

夏秋 優(なつあき まさる)

 兵庫医科大学皮膚科学教授。1959年生まれ。カリフォルニア大学サンフランシスコ校皮膚科研究員、兵庫医科大学皮膚科学講師、助教授などを経て2021年より現職。日本衛生動物学会会長。主な専門分野は虫による皮膚疾患、皮膚疾患の漢方治療。主な著書に「Dr.夏秋の臨床図鑑 虫と皮膚炎」(学研メディカル秀潤社)、「止々呂美哀歌」(NRC出版)、「医ダニ学図鑑」(共著、北隆館)、「衛生動物の事典」(共編著、朝倉書店)」など。

Dr.夏秋の毒虫クリニックの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事