文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

グループホーム入居者が階段から車いすごと転落、顔の骨を折る…女性職員も一緒に転落し軽傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 14日午前6時50分頃、秋田県能代市住吉町の「グループホーム笑time」で、入居者の男性(64)が階段から車いすごと約2・5メートル転落し、鼻や目の周りなどの骨を折る重傷を負った。

グループホーム入居者が階段から車いすごと転落、顔の骨を折る…女性職員も一緒に転落し軽傷

 県警能代署と同施設によると、50歳代の女性職員が階段についている昇降機で男性を2階から1階に移動させる際、ロックがかかっていなかったとみられる。職員も一緒に転落し、頭や足に軽傷を負った。同署が詳しい事故原因を調べている。

 同施設は取材に対し、「入居者やご家族に申し訳ない。使用方法を再確認し、複数人で作業するなど再発防止に努める」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事