文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

自殺した旧ジャニーズ男性、遺族のコメント全文「事務所から放置され悩み深まった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ジャニー喜多川氏による性加害問題で、旧ジャニーズ事務所の元所属タレントらでつくる「ジャニーズ性加害問題当事者の会」に所属し、性被害を告発後に死亡した40歳代の男性の遺族が14日、代理人の弁護士を通じてコメントを出した。全文は次の通り。

 彼は、2023年10月13日未明、自ら命を絶ち逝去いたしました。突然の旅立ちをいまだに信じられず、現実感がなく、私たち家族は 呆然ぼうぜん とした日々を送っています。

自殺した旧ジャニーズ男性、遺族のコメント全文「事務所から放置され悩み深まった」

スマイルアップ(旧ジャニーズ事務所)本社

 彼は本年5月、旧ジャニーズ事務所に電話で、在籍時の1995年(当時19歳)にジャニー喜多川から性加害を受けたことを訴えました。事務所の応対者は、在籍確認を行い、「担当者が必ず折り返す」旨を約束しました。しかし、その後5か月以上、ジャニーズ事務所から連絡は一切ありませんでした。未成年時に受けた性被害の深いトラウマを抱えながらも、「若い人たちによりよい社会を残したい」と、9月に再度の告発もしました。その訴えにも事務所からはなんの応答もなく放置され、彼の焦燥感、悩みは深まっていました。

 また、彼は事務所に対して 誹謗ひぼう 中傷への対策も求めていましたが、事務所幹部は会見で「誹謗中傷をやめてください」と呼びかけるのみで、具体的な措置を講じていませんでした。彼は、被害者が自ら対策に取り組まねばならない状況について、「事務所がやるべきことを、なぜ被害者だけが負担を負わなければならないのか」と語っていました。

 彼の心労は、元々抱えてきた性被害のトラウマの再燃とも相まって、一層深刻なものになっていました。そして13日、家族を残したまま、志半ばで自死するに至りました。

 不安や悩みの相談は、こころの健康相談統一ダイヤル(0570・064・556)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事