文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

特養ホームなどの介護施設、22年度決算で初の利益率マイナス…介護業界の経営悪化が鮮明に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 特別養護老人ホームと介護老人保健施設の施設系介護サービスの利益率(収入に占める利益の割合)がそれぞれ、2022年度の決算でマイナスになった。介護保険制度が始まった2000年度以来、初めて。厚生労働省が10日発表した介護事業の経営実態調査で分かった。介護保険サービスを提供する22業種全体でも全産業平均の利益率を下回り、経営が悪化する介護業界の実情が示された。

特養ホームなどの介護施設、22年度決算で初の利益率マイナス…介護業界の経営悪化が鮮明に

厚生労働省

 多くの介護事業者が物価高に伴うコスト増に苦しむなか、政府は来年度に改定する介護報酬を引き上げる方針を固めている。今回の結果は改定率を巡る今後の議論に影響を与えそうだ。

 結果によると、特養の利益率はマイナス1・0%。19年度決算を対象とする前回調査に比べ、2・6ポイント減少した。老健はマイナス1・1%(前回調査比3・5ポイント減)だった。

 22業種全体の利益率は2・4%で前回と同率。厚労省によると、全産業平均の利益率(6・2%)は3年前(4・3%)より改善しており、介護事業者の窮状が浮き彫りになった。

 調査は、厚労省が介護事業者の経営状況を報酬改定に反映させる目的で、02年度から3年に1度、実施している。今回は22業種について、全国の3万3177事業所を抽出し、1万6008事業所(48%)から回答を得た。

 介護保険制度でサービスを展開する介護事業者は原則、公定価格で決まる報酬の範囲内に運営費を収める必要がある。急激な経済の変動で電気代や食料費などが上昇しても、サービス価格に転嫁できない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事