文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

細田博之・前衆院議長が死去、79歳…体調不良で先月辞任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 前衆院議長で自民党の細田博之(ほそだ・ひろゆき)衆院議員が10日午前、東京都内の病院で死去した。79歳だった。

細田博之・前衆院議長が死去、79歳…体調不良で先月辞任

ロシア軍のウクライナ侵攻に対して行われたゼレンスキー大統領のオンライン演説前、あいさつする細田衆院議長(肩書は当時)(2022年3月23日撮影)

 細田氏は東大卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。父の細田吉蔵・元運輸相の秘書を経て、1990年の衆院選旧島根全県区で初当選した。当選11回。島根1区選出。

 2002年9月、小泉改造内閣で沖縄・北方・科学技術相として初入閣し、04年5月には官房長官に就任。自民では、麻生政権で党幹事長を務めた。14年12月から21年11月まで細田派を会長として率いた。

id=20231110-249-OYT1I50058,rev=4,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

辞任にあたって記者会見する細田博之氏(10月13日)

 衆院議長には21年11月に就任し、議員外交に取り組んだ。16年以来の日本開催となった今年9月の先進7か国(G7)下院議長会議では、体調不良のため初日のみの出席となった。翌10月に体調不良を理由に議長を辞任し、入院していた。

 一方、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係を巡っては昨年、教団関連団体の会合に過去に複数回出席したと公表。議長辞任にあたっての記者会見で「特別な関係はない」と釈明したが、説明が不十分との指摘が出ていた。

 細田氏の死去に伴う衆院島根1区補欠選挙は、公職選挙法の規定により、来年4月28日投開票の日程で行われる見通し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事