文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

東大前刺傷事件、被告の元男子高校生の夢は「貧しい人を救う医師」…高校受験に失敗し学歴に固執して自壊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都文京区の東大前で昨年1月、大学入学共通テストの受験生ら3人を刺したとして、殺人未遂罪などに問われた当時17歳の元男子高校生(19)は元々、貧しい人を救う医師を志していた。東京地裁で開かれた裁判員裁判では、夢をかなえるため猛勉強に励んだ末、学歴に固執し、自壊した被告の姿が浮き彫りになった。(糸魚川千尋)

「醜態をさらした」

東大前刺傷事件、被告の元男子高校生の夢は「貧しい人を救う医師」…高校受験に失敗し学歴に固執して自壊

東京地方裁判所

 「東大理3に行けないなら死んだ方がいい。人を殺して人間として最悪になれば、自責の念から死にきれると思った」。先月17日の被告人質問で、被告は犯行の理由をそう説明した。

 事件が起きたのは昨年1月15日朝。2日間にわたって行われる大学入学共通テストの初日だった。

 自宅のある名古屋市から夜行バスで上京した被告は、試験会場の東大前で通行人の男性(当時72歳)と受験生の男女2人(同18歳と17歳)の背中を包丁で刺し、重軽傷を負わせるなどしたとして起訴された。

 物静かだが、友達とテレビゲームやカードゲームをしたり、公園に行ったりして遊ぶ――。被告人質問での説明などによると、小学生の頃の被告は、どこにでもいる「普通の子」。だが、中学で勉強にのめり込み、読むのも描くのも好きだった漫画を った。友達と疎遠になり、勉強中に眠気を覚ますため、手の甲をカッターで切ったこともある。

東大前刺傷事件、被告の元男子高校生の夢は「貧しい人を救う医師」…高校受験に失敗し学歴に固執して自壊

 そこまでしたのは、将来の夢のためだった。中学2年の時にテレビで見た、発展途上国で活動する医師の特集番組。「自分も貧しい国の人を救いたい」と思った。

 中学ではめきめきと成績が伸びていた。医学部に進むため、高校受験では複数の有名校を受けたが、第1志望だった愛知県外の私立高校に落ち、挫折を味わった。

 「醜態をさらした。挽回してやる」。県内の進学校に入り、東大で医学部に進める理科3類を目指した。自己紹介で「理3志望」を公言し、1日14時間も勉強する生活を続けた。

 1年時の成績は「右肩上がり」だった。ところが、2年になり、他の生徒も勉強に力を入れるようになると急落し、担任らから他大の医学部や文系転向を勧められた。心の底では妥当だと思いつつ、「理3を諦めたら、周りに負け犬だとバカにされる」と聞き入れず、自らを追い詰めていった。

偶然にも、東京に到着する日が…

 事件2か月前の2021年11月中旬頃からは、自殺を考えるようになっていた。包丁を腹にあてたり、銃を作ろうと材料を集めたりしたが、怖くてできなかった。

 年が明けると「現状から逃れたい」と考え、東京行きの夜行バスのチケットを買った。「自分を知る人がいない所に行き、やり直したい」。当初はそう思ったが、チケットを見ているうちに、到着日が偶然にも共通テストの日だと気づいた。

 「この日に死ねたらいい。人様に迷惑をかけたら、踏ん切りがつく」。東大の象徴である安田講堂前で自殺するため、近くで無差別に人の命を狙う。そんな犯行を思い描き、事件前日の昨年1月14日、登校するふりをして家を出た。

声を震わせる母親

 裁判には被告の両親が証人として出廷した。当時、警察に行方不明届を出していた両親は、テレビの速報などで事件を知り、膝から崩れ落ちたという。

 両親は医師の家庭でもなく、学歴へのこだわりも特段なかった。事件前に勉強のペースの落ちた息子を見て、むしろ「心に余裕ができたのかな」と喜んでいた。

 先月16日の証人尋問で母親は「人生に悲観していることに気づいてあげれば、こんなことは起きなかった」と声を震わせた。父親は事件で軽傷を負った受験生の親と面会したことを明かし、「加害者である息子を心配してくれ、頭の下がる思いだった」と話した。

 「人としてやってはいけないことをした」。同27日の最終意見陳述で謝罪した被告は、「虚栄心や功利、学歴で自分を押し殺したり、自分の価値を決めたりせず、素直に生きていきたい」と言って涙を流した。

 不安や悩みの相談は、こころの健康相談統一ダイヤル(0570・064・556)や、よりそいホットライン(0120・279・338)など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事