文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

産業医・夏目誠の「ストレスとの付き合い方」

医療・健康・介護のコラム

感情のコントロールがうまくいかずストレスがたまる…対処法で「鏡を見る」が大事なのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
感情のコントロールがうまくいかずストレスがたまる、どうすればいい…鏡が役に立つ

あかださきこ

 精神科医、産業医として働く人のストレス相談に50年以上、携わってきました。頭の切り替えや気分転換がうまくできると、ストレスをためずにすみます。しかし、「それができないから困っている」と訴えられることもしばしば。ネガティブな感情をため込まないでやり過ごすことができれば楽になり、状況が改善することもあります。そのための方法として、私は、「歩く」「深呼吸」「鏡を見る」の三つを提案してきました。その中でも鏡を見るのが大事だと思っています。日常的な行動ですが、意外と効果があるものです。

仕事のストレスに加え、家庭でも口論が絶えない

 職場の問題で相談に来た41歳の中山太郎さん(仮名)の話をよく聞いていると、家庭にも問題を抱えているようです。奥さんとの関係がギクシャクしていて、すぐに言い合いになることに悩んでいました。

中山さん: 先生、職場でもいろいろあるのに、うちでもケンカばかりで、これにも参っているんですよ。

産業医 : とりあえずできることは「歩く」「深呼吸」「鏡を見る」の三つですが、中山さんはまずは歩きましょう。

中山さん: 歩く? 散歩ということですか。

産業医 : 言い合いになると部屋には怒りが充満していますから、まず、タイミングを見て部屋を出て、その場を離れる。そして深呼吸。

中山さん: それで解決するくらいなら、苦労はしませんよ。

産業医 : そう言わずに、外に出てブラブラ歩いてみてください。ウォーキングだと思ってもいい。20分くらい歩いたら、思いきり深呼吸をしてください。それから家に戻りましょう。

中山さん: 少しは気分転換になるかもしれませんが、妻との関係という問題は解決しませんよね。

産業医 : まあ、だまされたと思って、試しにやってみてください。

1 / 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

natsume02-prof

夏目誠(なつめ・まこと)

 精神科医、大阪樟蔭女子大名誉教授。長年にわたって企業の産業医として従業員の健康相談や復職支援に取り組み、メンタルヘルスの向上に取り組んでいる。日本産業ストレス学会元理事長。著書に「中高年に効く! メンタル防衛術」「『診断書』を読み解く力をつけろ」「『スマイル仮面』症候群」など。新著は企業の人事や産業医向けの「職場不適応のサイン」ウェブ書籍「メンタル・キーワード療法~5分でできる簡易セラピー」。
夏目誠の公式ホームページ」「精神科医マコマコちゃんねる - YouTube

過去コラムはこちら

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」

産業医・夏目誠の「ストレスとの付き合い方」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事