文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.イワケンの「感染症のリアル」

医療・健康・介護のコラム

心筋梗塞に漢方薬が効果あり? 漢方医療の分野に中国が「台頭」してきたってどういうこと?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 何を隠そう(別に隠してはいないけど)、僕は漢方専門医でもあります。日本の漢方医療の将来について若干の不安を感じています。その理由は中国の台頭です。 

進歩する漢方

心筋梗塞に漢方薬が効果あり? 漢方医療の分野に中国が「台頭」してきたってどういうこと?

 もちろん、漢方医療の起源は中国にあります。何千年も前に中国で発明された生薬の組み合わせは、現在も日本の診療現場で活用されています。だから、中国は昔から漢方医療(中医学)大国なのであり、「『台頭』という言葉の使い方はおかしいやろ」とツッコミが入ってきそうな気すらします。

 ここでいう「台頭」とは、漢方薬の臨床研究面での中国のレベルが上がってきたという意味です。

 すべての科学は進歩します。漢方医療も前進していきますし、そうあるべきです。数千年前、あるいは数百年前のやり方で止まってしまってはいけません。中国では、古典的な漢方薬の使い方に満足せず、新たな漢方薬を創出したり、その価値を吟味する臨床試験が盛んに行われたりしているのです。

「通心絡」

 中国には通心絡(Tongxinluo)という名前の漢方薬があります。僕の拙い中国語の知識を総動員すると、「トンシンルオ」みたいに読むのでしょうか。その名が示唆するように心臓の薬でして、狭心症や動脈硬化の患者さんなどに用いられてきました。中国では、1996年に医薬品として承認されています。

Chen Y, Yu F, Zhang Y, et al. Traditional Chinese Medication Tongxinluo Attenuates Lipidosis in Ox-LDL-Stimulated Macrophages by Enhancing Beclin-1-Induced Autophagy

 通心絡は12の生薬からなっています。特に注目すべきは動物由来の生薬が多いことです。例えば、ヒル、サソリ、ムカデ、土鳖虫―これはゴミムシの一種だそうです!―……。すごいラインアップです。

 通心絡に入っているヒル。ヒルには「ヒルジン」という抗凝固作用を持つ物質があり、昔から海外でも心臓の病気に活用できないかと研究が進んでいました。ヒルを乾燥させてすりつぶして飲む、というとなんか魔女の秘薬っぽくて、「こわい、怪しい感」満載ですが、科学的、かつ合理的な選択肢なのですね。

Mehta SR, Eikelboom JW, Rupprecht H-J, et al. Efficacy of hirudin in reducing cardiovascular events in patients with acute coronary syndrome undergoing early percutaneous coronary intervention. Eur Heart J 2002; 23:117-123.

効果を検証してみると…

 さて、ここで注目したいのが、この通心絡の臨床効果の検証です。中国の偉いところは、この薬を正真正銘の西洋医学の方法論、すなわち臨床試験で効果を検証してきたことです。通心絡については、これまでもたくさんの臨床研究が行われてきました。そして、最近も米国の医師会雑誌(JAMA)に新たな研究論文が発表されました。なんと、通心絡を急性心筋 (こう)(そく) の治療に使うというのです!

Yang Y, Li X, Chen G, et al. Traditional Chinese Medicine Compound (Tongxinluo) and Clinical Outcomes of Patients With Acute Myocardial Infarction: The CTS-AMI Randomized Clinical Trial. JAMA 2023; 330:1534-1545.

 急性心筋梗塞といえば、心臓に栄養や酸素を運ぶ冠動脈が詰まってしまう恐ろしい病気で、心停止、そして死亡の原因になりかねません。主な治療法は、心臓カテーテルで狭くなった血管を物理的に広げ、そこにステント(金網状の筒)を留め置く方法や、他の部位から採取した血管を用いて、冠動脈の血流が滞った部分に ()(かい) 路を作る「バイパス手術」です。これにアスピリンなど、複数の西洋医学的な薬を加えて患者を救命に導くのです。

臨床試験を実施すると…

 このような西洋医学的なスタンダードが存在する心筋梗塞の治療に、漢方薬の入り込む余地が果たしてあるのでしょうか? 誰でも疑問に思いそうなものです。僕自身も、大いに疑問に思いました。

 ところが、あったのです。この研究では3777人のSTEMI(ステミー)と呼ばれる重症型の急性心筋梗塞の患者を対象に臨床試験を行いました。半分の患者には通心絡のカプセル剤、もう半分には薬効のないプラセボ(偽薬)を飲んでもらいました。すると、通心絡のカプセルを飲んだ患者では、その後の心臓の病気の発生や、心臓が原因の死亡が減ったのです。

 臨床試験の参加者は、通常の心臓病の治療を受けた人を2群に分けて実施しています。だから「漢方薬を飲めば心臓カテーテル治療やアスピリンなどの心筋梗塞の薬が不要になる」ということではありません。

 漢方医療の存在は、通俗的な西洋の医療を否定するものではないのです。しかし、こうした一般的な治療に漢方薬を加えることで、患者さんの病気の治療はより良くなるという研究成果が出たのです。素晴らしい発見だと僕は思いました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

iwaken_500

岩田健太郎(いわた・けんたろう)

神戸大学教授

1971年島根県生まれ。島根医科大学卒業。内科、感染症、漢方など国内外の専門医資格を持つ。ロンドン大学修士(感染症学)、博士(医学)。沖縄県立中部病院、ニューヨーク市セントルークス・ルーズベルト病院、同市ベスイスラエル・メディカルセンター、北京インターナショナルSOSクリニック、亀田総合病院(千葉県)を経て、2008年から現職。一般向け著書に「医学部に行きたいあなた、医学生のあなた、そしてその親が読むべき勉強の方法」(中外医学社)「感染症医が教える性の話」(ちくまプリマー新書)「ワクチンは怖くない」(光文社)「99.9%が誤用の抗生物質」(光文社新書)「食べ物のことはからだに訊け!」(ちくま新書)など。日本ソムリエ協会認定シニアワインエキスパートでもある。

Dr.イワケンの「感染症のリアル」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事