文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

旧優生保護法の強制不妊訴訟、最高裁が大法廷で判断へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 旧優生保護法に基づく不妊手術を強制されたとして、被害者らが国に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷は1日、5件の訴訟の上告を受理した上で、15人の裁判官全員による大法廷(裁判長・戸倉三郎長官)で判断することを決めた。高裁段階では、不法行為から20年で賠償請求権が消滅する民法の「除斥期間」の適用を巡って判断が割れており、大法廷が統一判断を示す見通し。

旧優生保護法の強制不妊訴訟、最高裁が大法廷で判断へ

最高裁

 審理の対象となる5件のうち、4件は除斥期間の適用を認めず国に賠償を命じる一方、1件は適用して原告の敗訴とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事