文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

医療・健康・介護のニュース・解説

インフルエンザにかかった! それでもワクチンを打った方がいいのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

   先日インフルエンザにかかり、高熱が出た。もう予防接種しなくていいよね。

  ヨミドック  インフルエンザの流行シーズンは、通常は12月~3月ですが、今年は春以降も収束せず、だらだらと流行が続いてきました。9月以降は、休校や学級閉鎖が急増し、10月27日現在、全国的に「注意報レベル」になっています。すでに感染した人も多いでしょう。ただ、1度感染した場合も、ワクチンは打った方がいいのです。

   どうして? もう免疫がついたはずでは?

   国内で流行するインフルエンザウイルスには、大きく分けて三つあります。2009年に新型インフルエンザとして流行した「A(H1N1)型」、「A香港型」「B型」です。実は、一つの型に感染しても、ほかの型のウイルスに対する免疫はつきません。シーズン中に再び感染し、発症する可能性があります。

 インフルエンザワクチンは「4価ワクチン」といい、A(H1N1)、A香港のほか、B型の二つの系統に対応します。一つの型に感染した後でも、ほかへの免疫をつけられます。

   そうだったのか。

   国立感染症研究所によると、夏以降は主にA香港型が流行していましたが、少しずつA(H1N1)型の検出も増えています。二つのタイプが同時に流行している状態と言えるでしょう。また、国内の流行予測の目安となる南半球の状況を見ると、B型が半分程度を占めており、今後流行する可能性があります。

   いつ接種すればいい?

   インフルエンザから体が回復した後なら、いつでも大丈夫です。解熱後2週間が一つの目安です。今シーズンは、流行のピークが早くなる可能性があり、早めの接種をお勧めします。

 過去3シーズンは、大きな流行がありませんでした。その分、人口全体では、感染によって免疫を得ている割合が低く、感染が広がりやすくなっていると考えられます。

   さっそく予約しよう。

   ワクチンは発症を一定程度減らし、重症化を防ぐ効果があり、65歳以上の高齢者らは予防接種法に基づく定期接種の対象になっています。

 ただ、ワクチンを打っても油断は大敵です。手洗いや換気を励行し、人混みを避けるなど、普段からの感染対策も十分に行いましょう。(影本菜穂子、取材協力=菅谷憲夫・慶応大客員教授、谷口清州・国立病院機構三重病院長)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事