文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

給食の「完食強要」で隠した残飯が「くさい」と言われ、小5女子が一時不登校に…市に33万円の賠償命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 さいたま市の市立小学校で、担任教諭から給食の完食を強要されて精神的な苦痛を受けたとして、元児童と両親が市に慰謝料など計約3000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、さいたま地裁であり、関根規夫裁判長は原告の請求を一部認め、市に33万円の支払いを命じた。

給食の「完食強要」で隠した残飯が「くさい」と言われ、小5女子が一時不登校に…市に33万円の賠償命令

さいたま市役所

 判決によると、担任の男性教諭は2017年4~6月、当時5年の女子児童が給食を残そうとすると「駄目だよ」と制止したり、「これくらいは食べられるよね」と量を増やしたりした。児童は小食で、母親はあらかじめ学校に「給食の量を減らしてほしい」と伝えていた。児童は残飯を袋に入れ隠すようになったが、他の児童から「くさい」などと言われ、同7月から一時不登校になった。

 関根裁判長は、教諭が児童の適正な食事量を把握しようとせず、配慮を欠いたと指摘。「許される程度を超えた指導で、人格権を侵害した」と結論づけた。不登校に悩んだ両親への損害賠償請求などは退けた。

 市教育委員会は26日、取材に対し「判決文が届いていないためコメントを差し控える」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事