文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

猿之助被告「地獄の釜がパカッと開いた」、両親自殺ほう助認める…懲役3年求刑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 両親の自殺を手助けしたとして自殺ほう助罪に問われた歌舞伎俳優の市川猿之助(本名・ 喜熨斗きのし 孝彦)被告(47)の初公判が20日、東京地裁(安永健次裁判官)であり、猿之助被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。検察側は「両親の自殺は被告に誘発されており、責任は重い」として、懲役3年を求刑。弁護側は執行猶予付き判決を求め、結審した。判決は11月17日。

猿之助被告「地獄の釜がパカッと開いた」、両親自殺ほう助認める…懲役3年求刑

市川猿之助被告

 起訴状では、猿之助被告は5月17日、東京都目黒区の自宅で、多量の睡眠薬をすり潰して水に溶かし、父親の段四郎(本名・弘之)さん(当時76歳)と母親の延子さん(同75歳)に飲ませ、自殺を手助けしたとしている。

 検察側は冒頭陳述で、事件のきっかけは、猿之助被告が同日、歌舞伎一門の関係者にパワハラやセクハラをしたとする記事が週刊誌に載るのを知ったことだと説明。自分が至らないために一門の人間に不満を抱かせ、そうした記事が出ることになったと考え、「歌舞伎界に迷惑をかけてしまい、歌舞伎の仕事はもうできない。死んだ方が楽だ」と自殺を決意したと指摘した。

 同日夜、両親に自殺すると話したところ、「舞台はどうするのか」などと引き留められたが、決意は変わらないことを伝えると、延子さんが「あんただけで行かすわけにはいかない。私らも一緒に行く」と言い、段四郎さんも同意したと述べた。両親に睡眠薬を飲ませた後、被告も自殺を図ったが、命に別条はなかった。

id=20231021-249-OYT1I50022,rev=7,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

検察官の起訴状朗読を聞く市川猿之助被告(右)=イラスト・構成 秋山史朗

 検察側は論告で「両親には元々自殺の意思はなく、猿之助被告の気持ちを酌んで決意した」と指摘。被告が自殺を決意する前に誰かに相談したり、他の手段を選んだりしていれば、両親の死は回避できたとし、「自殺者2人を出した結果は重大で、著名人による事件が社会に与えた影響も無視できない」と述べた。

 弁護側は最終弁論で、両親の自殺は自発的で「被告には止めがたいものだった」とし、「家族の絆の深さ故に起こってしまった」と情状酌量を求めた。

「後悔の思いでいっぱい」

 2012年6月に四代目市川猿之助を襲名し、「 澤瀉屋おもだかや 」一門の代表として歌舞伎界を引っ張ってきた猿之助被告。スーツにマスク姿で出廷し、公判の冒頭で裁判官から職業を尋ねられると、「歌舞伎俳優です」と落ち着いた声で答えた。

 被告人質問では、事件前から「自分さえいなければ、両親はもっと幸せだったはずだ」と悩んでいたと明かした。かつて父親の段四郎さんとともに伯父の二代目市川猿翁さん(9月死去)の下をいったん離れた経緯があり、猿翁さんに負担をかけ脳 梗塞こうそく を患わせてしまったとも思っていたという。

 仕事にまい進することで気持ちに蓋をしていたが、週刊誌の記事を引き金に自殺を決意したと述べ、当時の心境を「地獄の釜がパカッと開いた」と表現した。両親について、「2人は僕が生きがいだったと思う」と声を震わせ、「申し訳ないことをして後悔の思いでいっぱいだ」とうな垂れた。

 法廷で読み上げられた供述調書によると、猿之助被告は捜査段階で「許されるなら歌舞伎で両親や迷惑をかけた方々に償いたい」と述べていた。最終意見陳述では「反省、申し訳なさ、感謝を一生背負っていく。僕にしかできないことがあるのなら、それを生きる希望としたい」と語り、深々と頭を下げた。

 この日は22席の一般傍聴席に対し、1033人の希望者が地裁に列を作った。傍聴した都内の女性(44)は「華やかな世界でも、猿之助さんはずっと孤独だったのだろう。一門を率いる責任はとてつもなく重かったと思うが、また役者としての姿を見たい」と話した。

 一方、東京・東銀座の歌舞伎座を訪れていた歌舞伎ファンの東京都江東区、主婦(76)は「いばらの道だろうが、舞台に戻る覚悟があるのなら応援したい」と語り、墨田区の無職男性(68)は「良い役者だと思うが、これからどのように応援したらいいのか、複雑な気持ちだ」と話した。

 不安や悩みの相談は、こころの健康相談統一ダイヤル(0570・064・556)や、よりそいホットライン(0120・279・338)など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事