文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」

医療・健康・介護のコラム

お金があれば、標準治療よりもよい最先端治療を受けられますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
お金があれば、標準治療よりもよい最先端治療を受けられますか?

イラスト:さかいゆは

 「お金はいくらでも出すので、とにかく一番いい治療をしてほしい」と言われることがあります。

 いわゆるお金持ちの方から言われることが多く、そういう方にとっては、「せっかく自分にはお金があるのに、他の人と同じ治療では満足できない」という気持ちも働くようです。

 ただ、このようにおっしゃるのは、お金持ちだけではありません。「全財産をはたいてでも、借金してでも、一番いい治療を受けたいんです(受けさせたいんです)」と、患者さんやご家族から懇願されることもあります。「お金よりも命が大事」「命はお金には代えられない」という言葉もよく聞きます。

保険適用の標準治療が一番お勧め

 患者さんたちの思いをうかがい、それを受け止めた上で、私はこう答えます。

 「『一番いい治療』として私がお勧めするのは、保険適用となっている『標準治療』です」

 目の前にいる患者さんが、お金持ちであってもそうでなくても、答えは変わりません。

 お金持ちや、社会的地位が高い方だからといって、保険適用外の高額な治療を勧めることはありません。

 有効性と安全性が確立した「現時点で一番いい治療」は「標準治療」と呼ばれ、日本では保険適用となっていることがほとんどです。「とにかく一番いい治療をしてほしい」と言われたら、「わかりました。標準治療をきちんとやりましょう」とお答えします。

 がん保険に加入している方の中には、「先進医療特約」や「自由診療特約」をつけているので、せっかくなので先進医療や自由診療を受けたい、とおっしゃる方もおられます。そういうご希望があったとしても、私が勧めるのは、先進医療でも自由診療でもなく、保険適用となっている標準治療です。

 先進医療とは、保険適用とすべきか評価中で、まだ保険適用となっていない先進的な医療で、厚生労働大臣が定めています。先進医療を臨床試験として行うことはありますが、とてもまれなケースで、「先進医療をやってほしい」という患者さんに、「では、これを」と示せることはほとんどありません。

 自由診療とは、有効性や安全性が確立しておらず、保険適用となる見込みもないような治療を自費で行うもので、これをお勧めすることはありません。どこかのクリニックで自由診療を受けたいという患者さんがいたら、「やめておいた方がいいですよ」と説明します。「お金があるから」「自由診療特約に入っているから」という理由で、保険診療以外の治療を選びたくなる気持ちもわかりますが、有効性や安全性の確立した保険診療を受ける方がずっと得策です。

新しい治療法を試す「治験」は無償

 そんな私も、保険適用外の治療を日々行っています。それは、「治験」です。治験というのは、まだ承認されていない新しい治療法を、患者さんにご協力いただいて試す臨床試験のことです。

 現時点で有効性と安全性が確立している標準治療をきちんと行うのが基本ですが、私たちには、次の標準治療となる新しい治療法を確立する使命もあり、多くの「治験」を行っています。治験によって、現在の標準治療よりも優れた治療だと証明できれば、その治療は新たな標準治療として保険適用となり、広く使われることになります。

 治験に参加しても、必ず恩恵を受けられるわけではありませんが、未来の標準治療を先取りできる可能性があり、新しい治療法の開発にも貢献できます。そして、治験に参加する場合、治療費は無償となります。

 もし、保険適用外の治療で、費用を請求されているとしたら、それは正式な治験ではなく、有効性と安全性の確立していない治療が、自由診療で行われていることになります。本当にいい治療なのであれば、きちんと治験を行って、有効性と安全性を証明し、標準治療として世界中の患者さんに届けるべきですが、それをせずに自由診療で高額の費用を受け取っているとすれば、お金儲けだけが目的だと言われても仕方ありません。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takano-toshimi03_prof

高野 利実 (たかの・としみ)

 がん研有明病院 院長補佐・乳腺内科部長
 1972年東京生まれ。98年、東京大学医学部卒業。腫瘍内科医を志し、同大附属病院や国立がんセンター中央病院などで経験を積んだ。2005年、東京共済病院に腫瘍内科を開設。08年、帝京大学医学部附属病院腫瘍内科開設に伴い講師として赴任。10年、虎の門病院臨床腫瘍科に部長として赴任し、3つ目の「腫瘍内科」を立ち上げた。この間、様々ながんの診療や臨床研究に取り組むとともに、多くの腫瘍内科医を育成した。20年、がん研有明病院に乳腺内科部長として赴任し、21年には院長補佐となり、新たなチャレンジを続けている。西日本がん研究機構(WJOG)乳腺委員長も務め、乳がんに関する全国規模の臨床試験や医師主導治験に取り組んでいる。著書に、「がんとともに、自分らしく生きる―希望をもって、がんと向き合う『HBM』のすすめ―」(きずな出版)や、「気持ちがラクになる がんとの向き合い方」(ビジネス社)がある。

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」の一覧を見る

最新記事