文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

坂本壮「救急の世界」

医療・健康・介護のコラム

発熱したけど37.5度 病院に受診すべきか?…意識レベルと血圧、呼吸数を判断材料に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
発熱した! すぐに病院を受診すべきか様子を見るか、判断のポイントは?…体温以外にも気を付けたいこと

 救急外来はここ最近、主に発熱を訴えて来院する患者さんでごった返しています。原因は、新型コロナウイルス、インフルエンザなどなど。多くのケースでは帰宅が可能ですが、中には、肺炎や尿路感染症( 腎盂(じんう) 腎炎など)といった細菌感染症や、ウイルス感染症をきっかけに持病の心臓や肺の病気を悪化させ、入院が必要になる方も一定数います。

 病院にはどのタイミングで受診するべきなのでしょうか? 判断のポイントとしてまず注目するのは次の2点です。

〈1〉バイタルサイン

 37.5度と39度の発熱では、熱が高い方が重症でしょうか? 高熱が出ると非常にしんどいのは間違いないのですが、必ずしも重症とは限りません。むしろ何らかの感染症に 罹患(りかんしたのに体温が36度未満と低い方が、重症であるケースもあります。

 バイタルサインとは、意識レベルや血圧、呼吸、脈拍、体温などのことを基本的に指しますが、これらを総合的に判断して重症度や緊急度を判断します。発熱がある場合は、体温の数値以上に他のバイタルサイン、特に以下の3項目の悪化や低下に注意が必要です。

 ・意識レベル…呼びかけても反応が乏しい。会話のつじつまが合わない
 ・血圧…普段は120/80程度なのに90/55程度といった具合に著しく低下
 ・呼吸数…呼吸が速い。普段12回/分程度の呼吸数が25回/分と2倍以上に上昇

 発熱があるうえ、上の3項目のいずれかに該当する場合は、病院を受診した方がよいでしょう。一方、熱が38度以上あっても、意識も血圧も普段通り、呼吸も著しく荒くなっていなければ焦る必要はありません。

〈2〉食事・水分摂取

 発熱しているが、食事は普段通りに取れている――。この場合は、心配する必要はありません。いつもほどは食べられないものの、ゼリーや水分は口にできている――。これも、それほど焦る必要はありません。一方、水分を取ることもままならない場合は、栄養の不足に加え、発熱によって普段以上に失われた水分も補うことができず、良くない状態だと言えます。

 基礎疾患のない成人なら、1日程度水分をあまり取れていなくても大事に至ることはありませんが、心不全など基礎疾患を抱えている場合は注意が必要です。そもそも、水分を取れない状態では、薬を飲むこともできません。

 発熱に加え、水分も摂取できない。このような場合には病院を受診した方がよいでしょう。

 発熱したらから直ちに受診するのではなく、体温以外のバイタルサイン(特に意識レベル、血圧、呼吸数)に問題はないか? 食事・水分は摂取可能か? この辺りをまずは確認し、受診のタイミングを考えて逃さないようにしましょう。

 (坂本壮 国保旭中央病院救命救急センター医長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sakamoto-so_prof

坂本 壮(さかもと・そう)

 地方独立行政法人 総合病院 国保旭中央病院 救命救急センター医長。2008年順天堂大学医学部卒業。順天堂大学医学部附属練馬病院救急・集中治療科、西伊豆健育会病院内科を経て,19年4月より現職。救急外来で研修医とともに奮闘中。救急初期対応などに関して、全国の研修医や看護師に向けて、「あたりまえのことをあたりまえに」をモットーに教育活動を行っている。趣味はミュージカル鑑賞。ミュージカル好きな方と盛り上がりたい。好きな漫画は「宇宙兄弟」。著書は「救急外来 ただいま診断中!」(中外医学社)など。

坂本壮「救急の世界」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事