文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

健康診断で「両肺尖部陳旧性陰影」と指摘 どんな病気?…喫煙との関係は

 74歳の夫が受けた健康診断の胸部エックス線の検査結果に「両肺 尖部せんぶ陳旧性ちんきゅうせい 陰影」とあります。本人は医者嫌いで、たばこもやめないと頑固で困っています。これはどんな病気ですか。(74歳女性)

多くは古い炎症の名残

杉山 幸比古 地域医療振興協会・練馬光が丘病院呼吸器COPDセンター長(東京都練馬区)

 肺は左右に各1個あり、全体としては細長い三角形に近い形をしています。下方の幅は広く、上方では狭くなり、とがっています。この肺の上端を「肺尖部」と呼び、狭いので炎症も起こしやすいと考えられます。

 この部分は胸部エックス線画像でみると、鎖骨という骨の上方にあたります。ご質問の「両肺尖部陳旧性陰影」とは、両方の肺の上端部分に古い炎症の名残とみられる変化を認めるもので、健康診断のエックス線画像をたくさん見ると、よく見かけます。

 若者よりも高齢者でよく見られますが、最近は減ってきている印象です。結核の減少とも関係があるかもしれません。この陰影自体は、昔の何らかの炎症の名残ですので、以前に撮ったエックス線画像でも指摘されていて変化がない場合、全く問題がありません。多くの場合、精密検査の必要もありません。

 ただ、以前の画像と比較して、陰影が新たに出現したり変化があったりした場合、呼吸器内科を受診して、CT(コンピューター断層撮影法)で検査してもらうことをお勧めします。

 この陰影自体は、喫煙とは特に関係はありませんが、長年たばこを吸っている人で、運動時の息切れ、せき、たん(特に血の混じったもの)などの自覚症状がある場合は、呼吸器内科を受診した方がよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

・オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員と、一般会員+(ヨミドクターで有料登録している一般会員)です。

・読売IDをお持ちでない方は、下の「会員登録」のボタンをクリックして、手続きしてください。

・読売IDをお持ちの方は、「ログイン」してご利用ください。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

・オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員と、一般会員+(ヨミドクターで有料登録している一般会員)に限ります。

・電話による医療相談は、読者会員、一般会員とも、有料(プラス)登録した会員が、24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。


・有料登録すると、月額200円(税抜き)かかります。