文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.夏秋の毒虫クリニック

医療・健康・介護のコラム

ミツバチが捨て身の一刺し…内臓ごと針残し 毒を自動注入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

皮膚からぬけない逆トゲ

ミツバチが捨て身の一刺し…内臓ごと針残し 毒を自動注入

レンゲの蜜を吸うニホンミツバチ

 前回は、ハチの中でも特に攻撃性が高く、危険なスズメバチとアシナガバチについて解説しました。今回は、ミツバチとその他のハチのお話です。

 国内では、ミツバチはニホンミツバチとセイヨウミツバチの2種類が生息しています。体長は、働きバチで10~13mm。セイヨウミツバチの方がやや大きく、腹部の色調が明るい傾向がありますが、個体差があります。

 ミツバチも他のハチ類と同様、メスは毒針を持っているので、刺すことがあります。しかしミツバチは通常、攻撃性が低いため、実際の被害は少ないのです。

 ミツバチの毒針にはノコギリの歯のような逆方向の小さなトゲがあり、人の皮膚に刺さると抜けなくなります。そして、皮膚を刺したミツバチが飛び去る際に毒針とともに毒液の入った袋( 毒嚢(どくのう) )や内臓の一部が腹部から抜けて皮膚に残ります。そのため、ミツバチは毒針で攻撃すると間もなく死んでしまう運命なのです。まさに巣を守るための決死の攻撃ですね。

すぐにピンセットで針をとる

ミツバチが捨て身の一刺し…内臓ごと針残し 毒を自動注入

ミツバチの毒針と毒嚢

 皮膚に残った毒嚢には毒液が残っており、そのままにしておくと少しずつ注入が続くので、早めに針を抜く方がよいです。指でつまむと、毒嚢を圧迫してさらに毒液を注入してしまうため、先のとがったピンセットなどで針をつまんで抜きましょう。

 ミツバチの毒は、スズメバチやアシナガバチほど強くありませんが、複数回刺されることで、アレルギー反応を引き起こす場合があります。時には、短時間で全身に激しいアレルギー反応が現れるアナフィラキシー症状を起こすこともあるので、油断は禁物です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

natsuaki-masaru_prof

夏秋 優(なつあき まさる)

 兵庫医科大学皮膚科学教授。1959年生まれ。カリフォルニア大学サンフランシスコ校皮膚科研究員、兵庫医科大学皮膚科学講師、助教授などを経て2021年より現職。日本衛生動物学会会長。主な専門分野は虫による皮膚疾患、皮膚疾患の漢方治療。主な著書に「Dr.夏秋の臨床図鑑 虫と皮膚炎」(学研メディカル秀潤社)、「止々呂美哀歌」(NRC出版)、「医ダニ学図鑑」(共著、北隆館)、「衛生動物の事典」(共編著、朝倉書店)」など。

Dr.夏秋の毒虫クリニックの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事