文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山中龍宏「子どもを守る」

医療・健康・介護のコラム

子どもの事故予防にAIの活用を…幼稚園、保育園ですべり台事故が多発。小学校では鉄棒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

人工知能で事故を分析する

 このように日々、たくさん起こっているケガの予防策を見つけることはなかなか難しいのです。

 JSCが収集しているデータは、学校での児童生徒等の事故などに対して支払われる災害共済給付金のためのデータで、予防に結びつけるためのデータではありません。これまでは、膨大なテキストデータであったために、とても人の手に負えるものではありませんでした。しかし、集められたデータを、テキストマイニングと呼ばれる人工知能を使って処理することによって、膨大な数の事例を、繰り返し起きている似たような状況へと自動で分類し、分類された各状況ごとに予防策を考えることができるようになりました。

 一例として、小学校の遊具による事故件数で最も多い鉄棒の事故の発生状況について見てみましょう。2018年度の鉄棒の事故6549件を分析したものです。(

子どものすべり台事故が多発。小学校では鉄棒事故…予防のためにAIの活用を

 他の遊具と共通する事故としては、「転がったボールを取りに行く際に、顔や頭をぶつける」「鬼ごっこをしているときに鉄棒をくぐり抜けようとして失敗し、顔や頭をぶつける」「手が滑り落下し、指を負傷する」「手が滑り落下し、頭や顔やひじなどを打つ」などでした。

 鉄棒に固有の事故としては、「鉄棒に座っていて、他の児童に押されて転落する」「技の練習をしているときに着地に失敗し、足首をひねる」「技の練習をしているときに手が滑り、地面に落ちる」などでした。

 こうした分析をもとにして、「休み時間に鉄棒の近くではボール遊びや鬼ごっこをさせない」「鉄棒の下に砂やウッドチップなどを敷く」などの予防策が考えられます。

 それぞれの事故について、災害共済給付金の額と突き合わせ、高額なものほど重傷度が高いと考え、それらに対して優先的に予防策を検討する必要があるでしょう。

学校事故総合分析センターの設置を

 遊具による子どもの事故を減らすにはどうしたらいいでしょうか。提言をまとめました。

  1. 災害共済給付のデータは、養護教諭など教育現場の人が、ケガをしたときの状況をパソコンで入力しています。記載内容はばらつきが多く、予防につながる情報があまり記載されていません。今回紹介したように、それぞれの遊具で事故が起こりやすい状況はわかっていますので、予防を考える時に必要な項目のリストを作成し、入力する人はクリックするだけで入力が完成する様式にすべきと思います。
  2. 災害共済給付金が支給された事故は、年間に70万件以上発生しています。交通事故は年間に約30万件発生し、その情報は交通事故総合分析センターで分析され、予防に生かされています。学校管理下の事故は、交通事故の倍以上の発生件数であり、学校事故総合分析センターを設置して、継続して分析する必要があります。
  3. 具体的な予防策がわかれば、その効果を検証する必要があります。例えば、遊具からの転落による骨折の予防について取り組む場合、同じ地域で、いくつかの学校を選び、10校では遊具の下に砂を敷きつめ、他の10校では今まで通りとします。1年間観察し、それぞれの学校で災害共済給付に申請した事故の件数を比較します。災害共済給付として支給された金額、救急搬送にかかった費用などと、砂を敷くのにかかった費用を比較して、砂を敷いた場合の費用対効果を明らかにします。これによって社会負担の軽減が明らかになれば、砂を敷くことを施策として取り上げることができます。

 ビッグデータを処理し、予防につながる対策を明らかにすることができる時代になりました。今回紹介したことは、遊具だけに限ったことではありませんが、遊具に関しては、継続してデータが収集されており、全国どこでも事故が起こっているので、取り組みやすく、その効果も判定しやすいと考え、紹介しました。(山中龍宏 緑園こどもクリニック院長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamanaka-tatsuhiro_prof

山中 龍宏(やまなか・たつひろ)

 小児科医歴45年。1985年9月、プールの排水口に吸い込まれた中学2年女児を看取みとったことから事故予防に取り組み始めた。現在、緑園こどもクリニック(横浜市泉区)院長。NPO法人Safe Kids Japan理事長。キッズデザイン賞副審査委員長、こども家庭庁教育・保育施設等における重大事故防止策を考える有識者会議委員も務める。

山中龍宏「子どもを守る」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事