文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関の「ムーヴ・オン!」

 「する」「みる」「支える」のどの立場にあっても、スポーツは生活を彩り豊かにしてくれます。しかし、スポーツにけがはつきもの。けがを予防し、笑顔で楽しむために必要なスポーツ医学の知識を、整形外科医の大関信武さんが伝えます。

健康・ダイエット・エクササイズ

大谷翔平選手、肘の再手術後の研究報告を調べると…二刀流復帰は大変なことだが期待はできる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

打撃への影響は大きくはない

 一方、肘の手術と打撃の関係について調べてみると、根拠となる論文は探り当てられませんでした。ただ、打撃への影響は投球ほどではなく、左打者の場合は右肘にかかる負担は左肘よりも少ないため、影響はそこまで大きくないので、来年はバッターとして復帰するというのは納得のいくところです。

 文献的に考察していくと、大谷選手が二刀流で復帰することが大変であろうことは想像に難くありません。しかし、それを乗り越えてくれるのが大谷選手だと、期待を持たずにはいれません。元気に活躍してくれる姿を、焦らずに待ちたいですね。(大関信武 整形外科医)

(1)Camp CL, et al. Revision ulnar collateral ligament reconstruction in professional baseball. Orthop J Sports Med 7(8), 2019

(2)Glogovac G, et al. Outcomes with a focus on return to play for revision ulnar collateral ligament surgery among elite-level baseball players. Am J Sports Med 47(11):2759-2763, 2019

(3)Stephen J Thomas, et al. Orthop J Sports Med. 2020 Dec 28;8(12)

(4)LaPrade CM, et al. Revision ulnar collateral ligament reconstruction in Major league baseball pitchers: effects of fastball velocity and usage. J Shoulder Elbow Surg 31:1563-1570, 2022

(5)Itami Y, et al. Biomechanical assessment of docking ulnar collateral ligament reconstruction after failed ulnar collateral ligament repair with suture augmentation. J Shoulder Elbow Surg 30:1477-1486, 2021

(6)Dugas JR, et al.Ulnar collateral ligament repair with collagen-dipped FiberTape augmentation in overhead-throwing athletes. Am J Sports Med 47(5): 1096-1102, 2019

【次回スポーツ医学検定は2023年11月26日】

 私たちは、スポーツに関わる人に身体やけがについての正しい知識を広めて、スポーツによるけがを減らすため、「スポーツ医学検定」を実施しています。スポーツ選手のみでなく、指導者や保護者の方も受けてみませんか(誰でも受検できます)。

 2023年第2回スポーツ医学検定は11月26日です。スポーツ医学検定|一般社団法人日本スポーツ医学検定機構 (spomed.or.jp)

 本文のイラストや写真の一部は、「スポーツ医学検定公式テキスト」(東洋館出版社)より引用しています。スポーツに関わる様々な人からスポーツのけがに対する考えを掘り起こし、多様な視点でスポーツ医学や安全について考えるnoteもぜひご覧ください( スポーツを考えるnote~Presented by スポーツ医学検定|note )。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

oozeki-nobutake_prof

大関 信武(おおぜき のぶたけ)

 整形外科専門医・博士(医学)、読売巨人軍チームドクター、日本スポーツ医学検定機構代表理事、日本スポーツ協会公認スポーツドクター

 1976年大阪府生まれ、2002年滋賀医科大学卒業、14年横浜市立大学大学院修了。15年より東京医科歯科大学勤務。野球、空手、ラグビーを経験。スポーツ指導者などへのスポーツ医学知識の普及を目指して「スポーツ医学検定」(春、秋)を運営している。東京2020オリンピック・パラリンピックでは選手村総合診療所整形外科ドクター。

過去コラムはこちら

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

スポーツDr.大関の「ムーヴ・オン!」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事