文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関の「ムーヴ・オン!」

医療・健康・介護のコラム

大谷翔平選手、肘の再手術後の研究報告を調べると…二刀流復帰は大変なことだが期待はできる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 エンゼルスの大谷翔平選手が2度目の肘関節内側副 靭帯(じんたい) の再建術を受けたというニュースが駆け巡りました。8月のレッズ戦で途中緊急降板し、右肘の靱帯損傷の診断がつき、再度手術を受ける可能性が取りざたされていました。2度目の手術後の経過はどうなるのか、手術内容について限られた情報しかありませんが、研究報告を元に考えてみます。結論から言えば、大変ではあっても、大谷選手のことですから、これまで通り二刀流の活躍は期待できる、ということです。

再手術で元と同じレベルに戻れたのは55~69%

大谷翔平選手、肘の再手術後のデータを調べると…二刀流復帰は大変なことだが期待して待ちたい

声援に応える大谷翔平選手(AP)

 手術は前回執刀したドクターが行ったようですが、肘の手術の具体的な内容は明らかにはされていません。しかし、自分の腱を用いた再建術とは異なり、今回はインターナルブレースという補強を行ったという記事が出ています。果たして2度目の手術後の経過はどうなるのか、インターナルブレースとは何なのかをひもといていきましょう。

 英語でrevision surgeryという言葉が再手術を意味しますが、2回目の再建手術を日本語では再々建術と呼びます。肘関節内側副靭帯の再々建術の術後成績に関して、英文の医学雑誌にいくつか報告があります。2010~2016年に行われた米国のプロ野球選手69人の報告では、投手で復帰できた割合が77%、元と同じレベルの投手に戻れた割合が55%(参照1)。復帰までの期間は平均484日でした。

 5本の研究論文をまとめたシステマティックレビューでは、メジャーリーグの投手が再々建術を受け、術前レベルに復帰する割合は69%でした(参照2)。1度目の手術後に同レベルで復帰できるのは67~87%という報告(参照3)がありますから、一度目よりも2度目の手術後の同レベルでの復帰率は低くなる傾向があります。しかし、再々建術を受けたピッチャーの速球の速度は、術前と変わらなかったという研究報告もあります(参照4)。

インターナルブレース補強とは

 次にインターナルブレースですが、これは人工靭帯のことです。肘に限らず、足や手などの靱帯を修復する際にも用いられます。人工靱帯の両端を骨に挿入するアンカーで固定することで、しっかりとした安定感を得られることが、生体力学的な研究でも示されています(参照5)。

 臨床成績の報告はまだ少なく、初回手術として良好な成績が得られたという報告はありますが(参照6)、プロの選手でのまとまったデータはありません。また、再手術の成績となるとより分からなくなります。ましてやそれが二刀流の選手の場合となると、もう誰も踏み込んだことのない領域と言えるでしょう。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

oozeki-nobutake_prof

大関 信武(おおぜき のぶたけ)

 整形外科専門医・博士(医学)、読売巨人軍チームドクター、日本スポーツ医学検定機構代表理事、日本スポーツ協会公認スポーツドクター

 1976年大阪府生まれ、2002年滋賀医科大学卒業、14年横浜市立大学大学院修了。15年より東京医科歯科大学勤務。野球、空手、ラグビーを経験。スポーツ指導者などへのスポーツ医学知識の普及を目指して「スポーツ医学検定」(春、秋)を運営している。東京2020オリンピック・パラリンピックでは選手村総合診療所整形外科ドクター。

過去コラムはこちら

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

スポーツDr.大関の「ムーヴ・オン!」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事