文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

国立がん研病院の元医長、医療器具納入で業者と癒着か…170万円収賄容疑で逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)の元医長が在職中、医療機器の選定・使用を巡って業者に便宜を図った見返りに賄賂を受け取っていたとして、警視庁は21日、元医長の橋本裕輔容疑者(47)を収賄容疑で逮捕した。警視庁は、業者との癒着があったとみて実態解明を進める。

国立がん研病院の元医長、医療器具納入で業者と癒着か…170万円収賄容疑で逮捕

国立がん研究センター東病院(1日、千葉県柏市で)

 捜査関係者によると、橋本容疑者は同病院の肝胆 すい 内科医長だった2021年5月、医療機器メーカー「ゼオンメディカル」(東京都千代田区)が製造販売する「ステント」(金網状の筒)を同病院で優先的に使用した見返りに、同社から約170万円の賄賂を自身の口座に振り込ませて受け取った疑いが持たれている。

 警視庁は、ゼオン社の前社長、柳田昇容疑者(67)も贈賄容疑で逮捕した。

 ステントは血管などを内側から広げるために挿入する筒状の器具で、心疾患や 閉塞へいそく した胆管の治療などに用いられる。

 同病院ではゼオン社を含む複数メーカーのステントを使用。どのステントを選ぶかは現場の医師らがそれぞれ判断していたが、橋本容疑者が医長に就任後、ゼオン社製のステントの使用本数が急増していたという。

id=20230921-249-OYT1I50116,rev=4,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

警視庁

 国立がん研究センター東病院(425床)は肝胆膵内科や腫瘍内科などがあり、17年には国から高度医療を提供する特定機能病院の承認を受けた。職員は「みなし公務員」で、収賄罪の対象となる。橋本容疑者は同病院を退職後、米国のフロリダ大学病院に勤務していた。

 ゼオン社は化学メーカー「日本ゼオン」(東京)の子会社。民間信用調査会社によると、主に消化器系と循環器系の医療機器を製造販売し、23年3月期の売上高は38億円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事