文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」

医療・健康・介護のコラム

夫の急逝で不安が強い65歳女性 自殺念慮で保健師が緊急性を訴えたが、娘は「母はまだ若い。がんばれるから」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 65歳の女性。夫が家で急逝し、娘が隣県にいるが一人暮らし。関わっていた民生委員から地域包括支援センターに、「急に一人暮らしとなり、強い不安を抱える60代の女性が日常生活に困っているようだ」と連絡があった。

 保健師が女性に会いに行くと、机に顔を突っ伏して「これから一人でどう生活すればよいかわからない……」と言う。生活の中での困りごとを聞くと、「食事は近くのお店でパンなどを購入して食べているが、今は気分的に料理や洗濯ができない」と言う。そして「人がいなくて寂しい」と何度も訴えたため、介護保険サービスを利用する方が良いと考え、介護保険サービスの提案をした。

 介護保険サービス利用には主治医の意見書が必要だが、65歳になったばかりで、短時間の仕事をし、定期通院もないため、主治医はいなかった。認知機能の確認のため、改訂長谷川式簡易知能評価スケールを実施したところ、問題はなかった。

 本人と話を進めていくと、ヘルパーサービスとデイサービスに関心があり、総合事業の介護予防・生活支援サービス事業対象者の制度(基本チェックリスト項目に該当すれば、主治医の意見書がなくても一部のサービスを利用可能)が利用できると考え、話をした。

 本人から「今すぐ利用したい」という希望があり、基本チェックリストを地域包括支援センターの三職種(主任ケアマネジャー、社会福祉士、保健師)で確認したところ、うつ症状の項目が多く該当した。そのため、ケアマネジャーと保健師が一緒に訪問し、精神面を診てくれる病院受診を提案。デイサービスやヘルパーサービスについて説明すると、「悪いところはないので病院には行きたくない」と拒否されたが、「デイサービスには行ってみたい、ヘルパーサービスも利用してみたい」と言う。また、「娘さんにも、受診を含めてご相談してはどうか」と提案したが、「娘にはこれ以上迷惑をかけたくない、連絡しないでほしい」と言う。

 本人の希望やチェックリストの状況から、デイサービスの利用回数を増やしたかったが、制度上の回数の限度があり、週1回での開始となった。本人は、「とても楽しい。毎日でも行きたい」と言うようになった。

 一方で「一人が寂しい。人がいる所に行きたい」と訴えが増えていった。そのため、比較的安価なケアハウスの入居も考えられることを話しつつ、病院受診も勧めていった。本人は誰かと暮らせるということで施設入居の希望を表明したが、ケアハウスへの入居には娘さんへの相談が必要と伝えると、「娘には知らせないでほしい」という言葉を繰り返すばかりであった。

 地域包括支援センターに勤める保健師が、精神面での懸念があるなかで、家族と連絡をとらなくてよいという本人の意向や希望をどう実現し、支援していくか悩んだケースです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tsuruwaka-mari

鶴若麻理(つるわか・まり)

 聖路加国際大学教授(生命倫理学・看護倫理学)、同公衆衛生大学院兼任教授。
 早稲田大人間科学部卒業、同大学院博士課程修了後、同大人間総合研究センター助手、聖路加国際大助教を経て、現職。生命倫理の分野から本人の意向を尊重した保健、医療の選択や決定を実現するための支援や仕組みについて、臨床の人々と協働しながら研究・教育に携わっている。2020年度、聖路加国際大学大学院生命倫理学・看護倫理学コース(修士・博士課程)を開講。編著書に「看護師の倫理調整力 専門看護師の実践に学ぶ」(日本看護協会出版会)、「臨床のジレンマ30事例を解決に導く 看護管理と倫理の考えかた」(学研メディカル秀潤社)、「ナラティヴでみる看護倫理」(南江堂)。映像教材「終わりのない生命の物語3:5つの物語で考える生命倫理」(丸善出版,2023)を監修。鶴若麻理・那須真弓編著「認知症ケアと日常倫理:実践事例と当事者の声に学ぶ」(日本看護協会出版会,2023年)

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事